【特別企画】

SDN時代における失敗しないロードバランサーの選び方

[2014/06/19 08:00] ブックマーク ブックマーク

ネットワーク機器

SDN時代の要件満たすロードバランサーとは

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 システムズエンジニアリング本部 ネットワーククラウドSE部 部長 犬塚昌利氏

クライアント/サーバの時代が過ぎ、モバイルとクラウド全盛の時代に突入している。多くのシステムがWebアプリケーションとして開発され、インターネットを通じてエンドユーザーへ提供されるのが一般的になった。

インターネットは、シェアード型のネットワークであり、ユーザーやデバイスの状態によって通信状況が大きく変わる。しかし、いかなる環境においてもビジネスを遅らせたり止めたりすることはできない。したがって、企業のシステム部門やサービスプロバイダーは、安全かつすぐれたパフォーマンスでWebアプリケーションをエンドユーザーへ届ける必要がある。

従来この分野は、ロードバランサーを用いてサーバやサービスの冗長性や継続性を実現するのが限界であった。しかし、Webアプリケーションの重要性が高まるにつれ、トラフィックの内容を把握したうえで最適なデリバリーを提供することが求められるようになった。それを実現するシステムが「アプリケーション デリバリー コントローラ(ADC)」である。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 システムズエンジニアリング本部 ネットワーククラウドSE部 部長の犬塚昌利氏によれば、この分野をドライブしているサービスプロバイダーやキャリアなどのサービス事業者において、状況が変わりつつあるという。

「最近、サービス事業者は、コストメリットやサービスの俊敏性といった厳しいユーザーニーズに応えるため、ネットワークを共通プラットフォームとして再構築すべく動き始めています。彼らが実現したいのは、ネットワークレイヤーから上位のアプリケーションレイヤーまで、統合的に見える化,自動化された環境です」(犬塚氏)

従来のキャリア/サービスプロバイダーのプラットフォームは、ネットワークとアプリケーションとは分断されている状態であった。ルーティングやロードバランサー、アプリケーションなどは個別に稼働しており、統合的に管理できていたわけではなかった。そのため、共通のプラットフォームと言ってもレイヤー2~3までの設計思想を持つのが一般的であり、上位のサービスは顧客ごとに個別に構築、提供せざるを得ない状況だった。

しかし昨今、注目されている......

続きはこちら >>

SDN時代における失敗しないロードバランサーの選び方

続きはこちら >>

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
502
2
SDN時代における失敗しないロードバランサーの選び方
2017-09-20 11:19:21
クライアント/サーバの時代が過ぎ、モバイルとクラウド全盛の時代に突入している。多くのシステムがWebアプリケーションとして開発され、インターネットを通じてエンドユーザーへ提供されるのが一般的になった。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-06-19-001-index.top.jpg
クライアント/サーバの時代が過ぎ、モバイルとクラウド全盛の時代に突入している。多くのシステムがWebアプリケーションとして開発され、インターネットを通じてエンドユーザーへ提供されるのが一般的になった。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る