【特別企画】

知らないと損! 10分でわかるロードバランサの製品選定ポイント

[2014/01/27 18:30] ブックマーク ブックマーク

ネットワーク機器

200万円以下のロードバランサ3製品を徹底比較

2013年8月、F5ネットワークスジャパンは、日本市場向けに特化した新たなロードバランサ/ADC(Application Delivery Controller)製品「BIG-IP 800」をリリースした。BIG-IPと言えば、これまでは高機能・高性能を誇るが、その値段も高価だという印象が強かった。しかし、今回新たに登場したBIG-IP 800は、これまでBIG-IPファミリー製品が長年の実績の中で培ってきた強みや特徴はそのままに、「138万円」という低価格を打ち出して、業界をあっと言わせた。

早くも多くの企業が、このBIG-IP 800の導入に次々と乗り出しているが、そのほとんどがそれまで他社の安価なエントリーモデルのロードバランサー製品を使っていたものの、その信頼性や機能に不満を抱えていたケースだという。BIG-IP 800はこうした製品と同程度の価格、もしくはより安価に入手可能でありながら、信頼性や機能の面ではむしろ勝っていることが多い。

⇒ 比較資料ダウンロードはこちら

では、実際にBIG-IP 800の導入に踏み切った企業は、具体的にどのようなポイントを既存製品と比較評価したのだろうか? 本ホワイトペーパーでは、エントリークラスのロードバランサ/ADC製品を選ぶ際に留意すべきポイントを解説するとともに、BIG-IP 800と他社製品をさまざまな角度から比較評価した結果を示す。

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
464
2
知らないと損! 10分でわかるロードバランサの製品選定ポイント
2017-09-07 10:49:06
2013年8月、F5ネットワークスジャパンは、日本市場向けに特化した新たなロードバランサ/ADC(Application Delivery Controller)製品「BIG-IP 800」をリリースした。BIG-IPと言えば、これまでは高機能・高性能を誇るが、その値段も高価だという印象が強かった。しかし、今回新たに登場したBIG-IP 800は、これまでBIG-IPファミリー製品が長年の実績の中で培ってきた強みや特徴はそのままに、「138万円」という低価格を打ち出して、業界をあっと言わせた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-01-27-001-index.top.jpg
2013年8月、F5ネットワークスジャパンは、日本市場向けに特化した新たなロードバランサ/ADC(Application Delivery Controller)製品「BIG-IP 800」をリリースした。BIG-IPと言えば、これまでは高機能・高性能を誇るが、その値段も高価だという印象が強かった。しかし、今回新たに登場したBIG-IP 800は、これまでBIG-IPファミリー製品が長年の実績の中で培ってきた強みや特徴はそのままに、「138万円」という低価格を打ち出して、業界をあっと言わせた。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る