【特別企画】

進化し続けるAI技術に最適なITインフラとは?

[2019/03/18 17:12] ブックマーク ブックマーク

  • ネットワーク機器

ネットワーク機器

現代のビジネスを成功に導くカギは、データ分析・活用にあるといっても過言ではない。私たちは、ディープラーニングや機械学習といったAI技術の発展によって、高速かつ詳細に情報を分析する能力を得た。とはいえ、これらの技術のメリットを最大限に活用するには、相応のITインフラが必要となる。本稿では、AIをビジネスに活用するためのインフラ選びについて解説している。

AI技術に適したインフラが必要

FlexPod_Datacenter for AIでさらに多くのデータを分析

⇒ PDFのダウンロードはこちら

注意すべきは、AI技術の発展がめざましく、従来のITインフラ技術よりも急速に進化を続けている点だ。データのボリュームや変化が激しく、これまでの企業IT以上のコンピューティング能力や拡張性にすぐれたストレージが求められる。

こうした高度な知識と経験が求められるプラットフォームを、既存の手法を用いて1から調達し、組み上げ、運用することはもはや困難だ。インフラに注ぐ力は、データサイエンスに回すべきである。また将来的な拡張に対しても、従来のようなダウンタイムの長い手法でしか対応できないのでは、大幅な生産性の低下と運用コストの肥大化をまねくことになる。

強力な処理能力、拡張性、運用性

AIに最適なインフラを選ぶにあたって、まず注目したいのは”データ”要件への対応である。データの急増に耐えるデータレイクを容易に運用でき、強力な処理能力を持つプラットフォームだ。ネットアップが提供する「FlexPod Datacenter for AIソリューション」は、強力なCisco UCSサーバー、Cisco Nexusスイッチ、Cisco UCSファブリック インターコネクト、NetApp AFF A800フラッシュ ストレージ アレイを組み合わせ、データ分析に最適化した統合インフラである。

本製品の最大ポイントは、新しいCisco UCS C480 ML M5コンピューティング エンジンにより、データの最近接で超高速なGPUアクセラレーションを活用できる点にある。一貫したアーキテクチャで、機械学習やAIのワークロードを高速化することができる。拡張性にもすぐれており、コンピューティング、ストレージ、GPUのいずれも柔軟に拡張していくことが可能だ。ONTAPのFlexGroup機能を用いれば、ストレージ管理の複雑化を回避することもできる。

また、Cisco UCSサーバーは既存のFlexPodインフラと統合管理することができ、運用負荷が軽減される。FlexClone機能を活用すれば、開発・テスト環境を準備したり、データセットのコピーを作成したりするのも容易である。運用負荷を軽減し、生産性を向上し、モデルの精度向上に努めることができる。すでにFlexPodのユーザーであれば、Cisco UCS C480 ML M5コンピューティング エンジンを追加するだけで、データセンター上のデータをさらに活用できるようになるだろう。高品質な分析データを高速かつ容易に得られるソリューションである。

提供レポートのご案内

FlexPod Datacenter for AIでさらに多くのデータを分析

≪目次≫

  • 人工知能の可能性
  • 新しいデータの捉え方
  • ITとビジネスの両面で優位に

[PR]提供:ネットアップ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る