【特別企画】

中堅企業の競争力を高める、モバイル向けに最適化されたネットワークとは

[2018/10/01 14:00] ブックマーク ブックマーク

ネットワーク機器

スマートフォン、タブレット、クラウドベースのアプリケーション、IoT (Internet of Things) などが急増したことで、仕事のあり方が変化している。この新しいモバイルファースト環境は、おおむね中堅企業にとって望ましいものだ。

Arubaソリューションのイメージ図

⇒ PDFのダウンロードはこちら

Forbesは、モバイルテクノロジーを採用する中堅企業は収益成長率が倍になり、モバイル対応が遅れている同業者の最高8倍の雇用を創出すると報告している。モバイルアプリ、タブレット、およびスマートフォンを利用することで、小規模企業だけで1年あたり670億ドル以上のコスト削減を実現している。

実際、中堅企業の67%はビジネス目的にタブレットを使用しており、93%は従業員所有のスマートフォンを使用している。しかし、2~3年経っただけのネットワークですら、ネットワークが十分に堅牢でなかったり柔軟でなかったりするケースもあるため、モバイル環境の需要に追いつけない事例があまりにも多く見られる。そんな状況下で、ベストな選択肢の一つとなるのがArubaソリューションだ。

中堅企業にふさわしいネットワークとは

上記のようなネットワーク課題を抱える中堅企業には、802.11ac LANテクノロジー、セキュアで拡張可能なスイッチングソリューション、シンプルなクラウド管理を中心にして構築された統合ネットワークが、シンプルで手頃な価格帯のオプションとなる。

たしかにワイヤレス接続は、従業員がネットワークにアクセスするための重要な手段の1つだ。しかし、中堅企業にとって「最善」のソリューションは、導入が容易で、セキュリティ機能を標準実装し、ネットワークパフォーマンスデータの収集・分析ツールを提供する、エンドツーエンドの無線/有線インフラストラクチャのはずだ。

Arubaソリューションであれば、モバイルデバイスとIoTデバイスを保護する有線/無線アクセスレイヤー統合型の製品を豊富なラインナップで揃えており、プロアクティブな管理ツールも備えているため、現在から将来にわたりモバイルクラウド環境を強力にサポートできる。Arubaソリューションは、特に予算とITスタッフリソースに制約がある中堅企業に適しており、ビジネス価値を高める取り組みに技術スタッフを専念させる、といったことにも有用となるのだ。


本稿では、802.11ac規格に準拠して構築された統合ネットワークが、今日の中堅企業のビジネス環境に適した、高パフォーマンスの安全なネットワークとなることを紹介している。また、そのようなネットワークのセットアップがいかにシンプルで利益性が高いかということも説明しているので、新たなネットワーク構築を検討している方は、ぜひ参考にしてほしい。

提供レポートのご案内

モバイルファーストネットワーク:導入時機の見極め

≪目次≫

  • はじめに
  • モバイルファーストネットワークのメリット
  • 今日のネットワーク通説の払拭
  • モバイルファーストネットワークの優位性
  • ネットワークの実装
  • 秘訣、ハウツー情報、質問
  • 結論





よりスマートなネットワークを構築するための9ステップ

≪目次≫

  • よりスマートで信頼性の高いWi-Fiネットワークを導入するための9ステップのチェックリスト

[PR]提供:日本ヒューレット・パッカード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る