【特別企画】

アンケート調査から紐解く、テレワーク整備の課題と解決へのアプローチ

[2019/09/30 09:15] ブックマーク ブックマーク

ネットワークセキュリティ

快適なネットワークで真の働き方改革を!

⇒ PDFのダウンロードはこちら

国内外から数十万人の人々が都内を移動することが予想される2020年夏に向けて、場所や時間を問わない柔軟な働き方を実現するテレワーク制度の整備を急ぐ企業が増えてきている。

とはいえ、マイナビニュースが大企業・中小企業に務める会社員502人に実施したアンケート調査では、2019年8月時点で社内に「テレワーク制度が用意されている」と答えたのは全体の31%。

全般的に整備が進んでいない状況が明らかにされた。

テレワーク実現の鍵を握るクラウドサービス、活用を妨げる要因とは?

同アンケート調査からは、テレワーク実現のためには柔軟な働き方を実現するための情報システム整備が必要という回答が得られた。

具体的にはメール・スケジュールの共有や社内システムへのリモートアクセス、オンライン会議などが挙げられる。

このため、最先端のグループウェアとOfficeアプリをまとめたクラウドサービスとなる「Office 365」を導入する企業も増加傾向にある。

ただし、実際に導入した企業では、インターネット回線を利用するクラウドサービスの「ネットワークの遅さ」が、快適なテレワーク環境を妨げていると感じるケースも少なくない。

本稿からダウンロードできる資料では、ネットワーク環境のポイントとなる「インターネット回線」「プロキシ」「リモートアクセス(VPN)」に関する企業のカン違いを指摘。快適にクラウドサービスを利用するためのネットワーク環境に必要な要素と、最適なソリューションについて知ることができる。

ネットワークの問題でクラウドサービスを効果的に使えていない企業は、ぜひダウンロードしてご確認いただきたい。

提供レポートのご案内

テレワーク制度が整備済みの企業はいまだ3割。活用を妨げる意外な要因とは

  • 通勤時間が3倍以上と予想される2020年の夏までに、テレワークの整備が必要
  • 専門の社内組織とクラウドサービスの導入が、テレワーク利用率を向上させる
  • クラウドサービスによる業務効率化を妨げる「3つのカン違い」
  • 快適なネットワークで真の働き方改革を!

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:インターネットイニシアティブ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る