【特別企画】

新規開拓が進まない状況を打破する!? 営業の構造改革とは

[2013/04/24 16:47] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

"活きた情報"が"単なる一覧"として扱われる現状

ソフトブレーン株式会社 執行役員 営業企画支援部長 兼 営業推進室長 長田順三氏

企業を取り巻くビジネス環境は、刻々と変化を続けている。それは経営課題にも影響しており、1980~90年代にかけての成長期は技術力や新製品・新サービスが大きな課題だったのに対し、2000年以降の成熟期では売り上げ・シェアの拡大や収益性の向上、人材強化などが挙げられている。

現在の経営課題を解決するには、いかに新規顧客を獲得できるかが重要なポイントとなる。しかし現状で営業担当者に新規顧客の開拓を指示すると、多くの場合「忙しくて手が回らない」もしくは「その方法が分からない」という答えが返ってくるだろう。

営業担当者が多忙な理由は、既存顧客のフォローだけで大半の時間を取られ、次の新規顧客を開拓する時間がないためだ。新規訪問の機会を増やすには、まだアプローチできていない顧客リストに対して、少ない時間内でアポイントメント取得から始める必要が出てくる。

それでは、例えば展示会へ出展した際に得た名刺情報や、セミナーの申込者リストなどをマーケティング部門から受け取った場合、その後どうすればよいのか。このリストの場合、製品やサービスに興味があって参加しているため、受注に至る可能性は比較的高いが、ここで問題となるのが"情報連携"だ。

経営課題を解決する"情報連携"とは・・・

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

経営課題を解決する"情報連携"のホワイトペーパーを無料提供中

経営課題を解決する"情報連携"のホワイトペーパーはこちらをクリック

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
381
2
新規開拓が進まない状況を打破する!? 営業の構造改革とは
2017-09-07 10:49:21
企業を取り巻くビジネス環境は、刻々と変化を続けている。それは経営課題にも影響しており、1980~90年代にかけての成長期は技術力や新製品・新サービスが大きな課題だったのに対し、2000年以降の成熟期では売り上げ・シェアの拡大や収益性の向上、人材強化などが挙げられている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-04-24-003-index.top.jpg
企業を取り巻くビジネス環境は、刻々と変化を続けている。それは経営課題にも影響しており、1980~90年代にかけての成長期は技術力や新製品・新サービスが大きな課題だったのに対し、2000年以降の成熟期では売り上げ・シェアの拡大や収益性の向上、人材強化などが挙げられている。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る