【特別企画】

ロボット・人工知能など導入事例多数!感情表現も可能な音声合成とは?!

[2017/03/31 09:00] ブックマーク ブックマーク

  • マーケティング

マーケティング

券売機、カーナビ、ATM、コールセンターなど、普段の日常生活の中で音声アナウンスに触れる機会は多い。株式会社エーアイでは、そんな音声アナウンスを人間的で滑らかな自然な音声で再現する、高品質音声合成エンジン「AITalk」を提供している。導入実績は500社以上。スタートアップから大手企業や官公庁まで、様々な企業・業界で採用されている。

本稿ではAITalkの特長をまとめた資料を紹介。資料に記載されたAITalkの魅力について紹介していきたい。

豊富な話者と言語、感情表現も実現! 「AITalk」の実力をチェック

AITalkは、豊富な話者と言語、感情表現を実現した高品質音声合成エンジン。大人から子供まで、男女あわせて15名以上を用意。「爽やかで若々しい声」「朴訥とした声」「大人っぽく艷やかな声」など、シーンや用途、好みに応じた日本語話者が選択でき、高品質な音声を合成できる。加えて、メジャーな言語からマイナーな言語まで36種類以上の多種多様な言語に対応。音声の差替えや追加の度に発生していた収録の手間やコストの事を気にせず、必要な時に必要なだけ音声の差替えや追加が行える。このほか、芸能人や声優、自分の声を収録して、音声合成用のオリジナル辞書を作成可能。文字を入力するだけで、本人の声のようにリアルな音声で喋らせることもできる。アイディア次第で、Webキャンペーンやスマートフォンアプリ、ゲームなどの様々なコンテンツで展開できるのだ。

加えて、柔軟で迅速なサポート体制を敷いている点もAITalkの強み。ニーズに併せた提供形態を用意し、音声合成に関する様々な疑問や悩みを、最適なソリューションで解決してくれる。例えば、PCにインストールするだけで利用できるソフトから、機器に組み込むための製品、WEBサービスで使用するためのWEB APIなど、用途に応じた製品を提案しているのだ。

今回提供する資料では、音声合成ナレーション作成ソフト「AITalk 声の職人」パッケージ版、組込み用音声合成エンジン「AITalk SDK」、外国語ナレーション作成ソフト「AITalk International」、オリジナル音声辞書作成「AITalk CustomVoice」、クラウド型音声合成API「AITalk Web API」、HP読み上げサービス「AITalk Web読み職人」、ナレーション作成ASP「AITalk 声の職人 クラウド版」といったAITalkシリーズの詳細が閲覧可能。さらに防災、機器組込、館内放送、eラーニング・教材、スマートフォンアプリ、ロボットなどに、豊富なAITalkの利用実例もチェックできる。本稿を読んで興味をもった方は、ぜひダウンロードして確認していただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 株式会社エーアイ)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2582
2
ロボット・人工知能など導入事例多数!感情表現も可能な音声合成とは?!
2017-03-31 09:11:03
券売機、カーナビ、ATM、コールセンターなど、普段の日常生活の中で音声アナウンスに触れる機会は多い。株式会社エーアイでは、そんな音声アナウンスを人間的で滑らかな自然な音声で再現する、高品質音声合成エンジン「AITalk」を提供している。導入実績は500社以上。スタートアップから大手企業や官公庁まで、様々な企業・業界で採用されている。本稿ではAITalkの特長をまとめた資料を紹介。資料に記載されたAITalkの魅力について紹介していきたい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/03/30/0330.png
券売機、カーナビ、ATM、コールセンターなど、普段の日常生活の中で音声アナウンスに触れる機会は多い。株式会社エーアイでは、そんな音声アナウンスを人間的で滑らかな自然な音声で再現する、高品質音声合成エンジン「AITalk」を提供している。導入実績は500社以上。スタートアップから大手企業や官公庁まで、様々な企業・業界で採用されている。本稿ではAITalkの特長をまとめた資料を紹介。資料に記載されたAITalkの魅力について紹介していきたい。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る