【特別企画】

良質なリードを持続して創出! 直感で使えるMAツールの活用法がコレ!

[2017/02/01 15:00] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

商品を販売する企業にとって、営業力の強化は常に命題となる。近年ではIT技術の発達により、足で稼ぐ営業方法だけではなく、自動でリードの育成を行う「マーケティングオートメーション(MA)ツール」を用いた営業活動を行う企業も増えてきている。本稿では世界で2,000社以上の導入実績をもつMAツールを紹介する。

企業の命運を大きく左右する営業力。現場で働く営業個人の能力はさることながら、営業売上の向上に必要となるのが質の高いリード情報である。各企業の営業およびマーケティングの担当者は、いかに良質なリードを獲得し、またそのリードを育んでいくかがミッションとなる。

そこで昨今、顧客の行動履歴に合わせたアプローチを自動で行うMAツールの活用が進んでいるが、同ツールの導入に際しては、既存の自社システムとの連携が大きな課題となるという。また海外製のMAツールを活用する際には、顧客のアクションに合わせて情報を提供するためのシナリオの設定やスコアリングの方法について、日本の慣習に合わせる必要がある。やはりMAツールの活用は、初心者にはハードルが高いものなのだろうか。

本稿ではそうした疑問を解消すべく、Oracle社のMAツール「Oracle Eloqua」の導入支援を行うアンダーワークスが提供する資料を掲載する。アンダーワークスは日本企業で唯一、コンサルファームとしてOracle Eloquaの認定パートナーの資格を有する企業だ。東証一部上場企業をはじめとする大手企業を主な顧客とし、自社でもOracleEloquaを活用している実績とノウハウをもとに導入・運用の支援を行っている。

今回紹介するOracle Eloquaの特長は柔軟なデータベースにある。顧客によるEメールへの反応やWebサイトへのアクセスといった情報を即座にデータベースへ反映可能なため、リアルタイムなセグメンテーションによるリードの醸成が図れるのだ。また直感的にキャンペーンの設定が行えるUIを備えているとともに、顧客属性(プロファイル)と行動(エンゲージメント)の2軸でスコアリングの設定ができ、企業ごとに重視する項目に重み付けすることも可能となっている。

本資料ではそんなOracle Eloquaの特長と使い勝手をまとめている。営業活動の一層の推進を目指す担当者の方はぜひご一読の上、活用を検討いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 アンダーワークス)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2350
2
良質なリードを持続して創出! 直感で使えるMAツールの活用法がコレ!
2017-02-01 16:11:04
本稿ではOracle社のMAツール「Oracle Eloqua」の導入支援を行うアンダーワークスが提供する資料を掲載する。Oracle Eloquaの特長と使い勝手をまとめているので、営業活動の一層の推進を目指す担当者の方はぜひご一読の上、活用を検討いただきたい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/02/01/underworks_index.top.jpg
本稿ではOracle社のMAツール「Oracle Eloqua」の導入支援を行うアンダーワークスが提供する資料を掲載する。Oracle Eloquaの特長と使い勝手をまとめているので、営業活動の一層の推進を目指す担当者の方はぜひご一読の上、活用を検討いただきたい。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る