【特別企画】

ROIが338%向上! 難しそうなクロスチャネルマーケティング実現の10の秘訣

[2017/01/27 11:00] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

昨今、顧客の購買行動の変化により、複数のチャネルとコンテンツとを適切に組み合わせて情報の発信を行うクロスチャネルマーケティングが注目されている。本稿では、一見すると難しいクロスチャネルマーケティングの実現に向けたポイントを解説した資料を紹介する。

クロスチャネルマーケティングに取り組むべき背景としては、近年、顧客が購買に際してかつてのように決まった行動をとらなくなってきていることが挙げられる。これはメール、SNS、WEBサイトをはじめとして多様な情報が発信されるようになり、一人ひとりが好みに合わせて様々な道筋から商品を購入することが可能となったためである。

一方、企業にとっては伝えたい情報を顧客に届けることが難しくなってきているといえる。膨大な情報があふれるようになり、顧客は企業が提供する情報を受け取るだけではなく、その内容に関連する情報についても自ら調べるようになった。また前述したように、顧客との接点は多様化され、情報を伝達する手段も複雑化している。企業はただ沢山の情報を多くのメディアで発信するのではなく、事前に顧客像を想定し適切に訴求する方法を検討しなければならない。

このようにクロスチャネルマーケティングを実施するには、発信するコンテンツ内容や用いるチャネル、テクノロジーなど検討事項が多岐にわたる。そのため手をつけづらいと考えている担当者も少なくないだろう。また着手してからも、どうすれば最適な運用ができるのかなど考えるべきポイントは多い。

本稿で掲載する資料では、クロスチャネルマーケティングを難しく見せている10のポイントを紐解き、その実現が決して無理難題ではない理由を解説。またクロスチャネルマーケティングの実現によってROIを338%向上させた事例を紹介している。マーケティング担当者必読の内容となっているので、詳細はダウンロードの上、ご確認いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 アドビ システムズ)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
2309
2
ROIが338%向上! 難しそうなクロスチャネルマーケティング実現の10の秘訣
2017-01-27 19:11:03
回掲載する資料では、クロスチャネルマーケティングに取り組むべき理由と方法を解説。チャネルの設定方法や発信内容の作成手順、顧客像の捉え方をはじめ、クロスチャネルマーケティングの実践に求められる10個のポイントをまとめており、マーケティング担当者必読の内容となっている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/01/27/adobe_index.top_1701.jpg
回掲載する資料では、クロスチャネルマーケティングに取り組むべき理由と方法を解説。チャネルの設定方法や発信内容の作成手順、顧客像の捉え方をはじめ、クロスチャネルマーケティングの実践に求められる10個のポイントをまとめており、マーケティング担当者必読の内容となっている。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る