【特別企画】

更なる成長を遂げた老舗企業、サンゲツの業務改革 - 効果的かつ円滑に成功させる仕組み作りとは

[2015/12/18 15:30] ブックマーク ブックマーク

マーケティング

業務改革や、新しい営業戦略を成功に導くためには、既存のビジネスプロセスやルールを大幅に変える必要に迫られることも多い。しかし現場にとっては、そうした社内体制の変更自体が大きな負担になり、社員それぞれがやる気を奮い起こさなければ、改革は思うようには進まない。

インテリア業界最大手の専門商社サンゲツは2014年に「強い営業・効果的な営業・効率的な営業」の実現を目指した大規模な業務改革に取り組み始めたが、計画当初は社員の意識変革が進まず、改革全体が滞ってしまっていたという。

そこで同社では、ひとつの結論に達する。結局、社員の意識を変えるには、まず行動から変えていかなければならない。そのためには、社員の行動の基盤となるプラットフォームを整備する必要がある、と。そんな折、業務改革推進課のメンバーの目に留まったのがSalesforceだった。

→ホワイトペーパーでは、社員の行動を変え、業務改革を成功させたサンゲツの取り組みの詳細を紹介する。

PDFをダウンロードする


同社ではこの改革を実現させたことで、例えば以下のような効果が上がっている。

業務改革後にあがった効果
1. 商談に至るまでわずか2分!業務スピードの向上で社員のやる気も上昇
2. 複雑な申請手続きの効率化により、管理工数を年間約80人分削減
3. 申請書類の効率的な管理により、紙の使用量・コストが42%も削減可能に

ここまでの変化をもたらした業務改革手法とは、どういったものなのだろうか。
ぜひ、ホワイトペーパーで確認していただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 セールスフォース・ドットコム)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
1091
2
更なる成長を遂げた老舗企業、サンゲツの業務改革 - 効果的かつ円滑に成功させる仕組み作りとは
2015-12-22 09:19:01
わずか2分で商談化を可能にし、更なる成長を遂げたインテリアメーカー サンゲツの業務改革とは何か。業務改革を行うと社員の意識問題が発生する。では、サンゲツではどういった形でこの問題をクリアにし、業務改革を成功させたのかまとめた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/12/17/sangetsu.jpg
わずか2分で商談化を可能にし、更なる成長を遂げたインテリアメーカー サンゲツの業務改革とは何か。業務改革を行うと社員の意識問題が発生する。では、サンゲツではどういった形でこの問題をクリアにし、業務改革を成功させたのかまとめた。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る