【特別企画】

作業効率が6倍に!? 映画「ゼロ・グラビティ」のVFX制作の作業効率をあげた「Avere FXT」

[2015/09/29 18:05] ブックマーク ブックマーク

企業内には、文章ファイル、Webコンテンツ、音声、動画など様々な「非構造化データ」があり、増え続けるこれらのデータ格納先としてNASの導入が進んでいる。しかし、NASを用いたとしても、扱うデータ量が膨大すぎることによるパフォーマンスの低下、容量の増加による運用負荷を避けられない企業が増えているのが実情だ。このような、いわゆる「ビッグデータ」を管理する煩雑さや、コスト問題の解決を手助けしてくれるのが、テクマトリックスが取り扱うAvere Systems社のハイブリッドクラウドNAS「Avere FXT」だ。

処理の高速化、そしてコストパフォーマンスの大幅な向上を実現

本NASの特長は、Amazon S3などのクラウドストレージとオンプレミスNASを仮想的に統合できる点。キャッシュ機能によるデータアクセスの高速化などにより、パフォーマンスと費用対効果の高いストレージシステムの構築が可能になる。

また、Avere FXTクラスタ上で実行されているアロケーションアルゴリズムが、常にデータアクセスパターンを監視し、パフォーマンスを向上させるために動的にデータの再配置を行うため、データストアへのアクセスを最小限に抑えることができる。

さらに、異なるベンダーのストレージ間でデータの移動やレプリケーションが可能である点も本NASの特長だ。

Avereによるストレージの刷新

⇒「Avere FXT」のもっと詳しい情報はホワイトペーパーで配布中。ダウンロードはこちらから

「Avere FXT」により作業効率が6倍に!?

現に「Avere FXT」を用いたことで作業効率を大幅に改善した組織がある。「ゼロ・グラビティ」などの映画映像制作を行うRising Sun Pictures(以下RSP)だ。彼らのような複雑で美麗な映像制作を行う組織は、1時間に数テラバイトのデータを作成するのも珍しくない。こういった膨大なデータを管理するために本NASを用いたところ、6日かかっていたレンダリング作業が24時間以内で終えられるようになったという。

⇒RSPの導入事例の詳しい情報はこちら

RSP以外にも、石油・ガスのメジャー企業、アメリカ議会図書館など「ビッグデータ」を扱う企業が本NASを採用している。今、膨大なデータ量の管理に悩まされている方は、コストパフォーマンスを高めるきっかけにもなる「Avere FXT」を用いてみてはいかがだろうか?

(マイナビニュース広告企画:提供 テクマトリックス)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る