マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

[検証] VMware Tanzuによるオンプレミス下でのKubernetes運用、そのメリットと留意点

[2021/10/28 10:00] ブックマーク ブックマーク

リリースサイクルの短縮化を目的に、Kubernetesを本番環境に実装してアプリケーションを運用する企業が増えてきている。ただ、クラウドネイティブな技術であることを理由に、オンプレミス下でKubernetesを運用することに躊躇する企業は少なくない。Amazon EKSやAzure Kubernetes Serviceといったフルマネージドのパブリッククラウドサービスを利用する場合と比べると、オンプレミスでのKubernetes運用は、高度なスキルが求められる。頻繁に実施されるKubernetesのバージョンアップにも独力で対応しなくてはならず、敷居が高いことは事実だ。

こうした背景から、2019年にVMwareよりリリースされたVMware Tanzu(以下、Tanzu)は、オンプレミス/クラウドを問わずKubernetes環境の運用が統合・自動化できるツールとして、市場から多くの期待を寄せられている。なにぶんリリースからまだそれほど時間が経っていないため、Tanzuを利用してオンプレミス下でKubernetesを運用したときにどんなメリットがあるのかが不明瞭だという方も多いだろう。本稿ではVMware技術に長けたシステムインテグレーターであるSCSKが実施した検証資料より、Tanzuによるオンプレミス下でのKubernetes運用について、メリットと留意点をお伝えしたい。

SCSK提供資料
VMware Tanzu × Dell EMC VxRail実機検証から読み解く、
エンタープライズKubernetes環境の将来像
>> 資料ダウンロードはこちら

Tanzuの概要

Tanzuはオンプレミス・クラウド・マルチクラウドで稼働するKubernetesの統合管理と運用自動化を実現するサービス。これを利用すると、Kubernetes利用のどんな課題が解消できるのか。詳細はダウンロード資料より参照いただきたい。


Tanzuを用いたKubernetes運用、そのメリットと留意点

検証環境の構成

Tanzuを利用すると、オンプレミス下のKubernetes運用においてどのくらい容易にコンテナが構築できるのか。これを明らかにすべく、SCSKはVMwareベースのHCIであるDell EMC VxRail(以下、VxRail)を用意のうえ、(1)Tanzuを利用してKubernetesクラスタを構築する構成(2)VMware ESXi上で直接Podを動かす構成(右図)を用意。(1)と(2)の比較を行うことで技術的差異を理解すること、そして、Tanzuを用いた環境構築の手順を確立することを目的に、検証を実施した。

この検証を通じてSCSKは、Tanzuを利用すること、VxRailでこの環境を構築することのメリットについて、以下のように述べている。

VxRailでTanzuを用いKubernetesクラスタを構築するメリット
・通常、Kubernetes環境を構築する場合にはネットワーク(CNI,LBなど)やストレージ(PV,PVCなど)の設計を行う為に知識が必要となる。Tanzuではこの辺りの設定が 簡素化されているため、構築の敷居が低い。
・VxRailを使用することで、ESXiの構築、vCenterの構築・クラスタ設定、分散仮想スイッチ(vDS)の作成などの作業が必要なくなる。


こうしたメリットがある一方、資料では、Tanzuを用いる場合にも環境構築にはある程度のKubernetesに関する知識が必要になることが言及されている。vSphereの構築経験があれば誰でも構築できるというわけではないようだ。

SCSKではこうした留意点も交えながら、検証で得たノウハウを顧客の課題解決に活かしていくという。Tanzuの利用検討や、オンプレミスでのKubernetes運用を計画しているならば、資料に記載の内容やKubernetes運用関連の同社ソリューションはきっと役立つだろう。ぜひ以下のリンクからダウンロードのうえ、ご覧いただきたい。

ダウンロード資料のご案内

SCSK提供資料
VMware Tanzu × Dell EMC VxRail実機検証から読み解く、
エンタープライズKubernetes環境の将来像
>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:SCSK

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
人生を豊かにするパラレルキャリア~VUCA時代に新しい生き方を選ぶ理由とは~
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る