【特別企画】

仮想デスクトップが遅い! - 三井住友建設が抱えていた課題を解決した手法とは

[2015/01/29 10:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

仮想デスクトップ環境による、業務効率向上を実現したものの...

近年、ネットワーク速度の高速化やサーバの高性能化に伴い、仮想デスクトップ環境の活用が増加している。全国に多数の建設作業拠点を有し、その数はもっともプロジェクトが重なる時期には約450か所におよぶという三井住友建設も、そうした仮想デスクトップ環境を活用する1社だ。

2010年に、各拠点に設置されていたスタンドアロン型のPCで利用していた業務システムを刷新。各拠点のPCと本部のサーバをつなぐクライアントサーバ型を採用したものの、建設期間が1年未満の現場では光回線が敷設できないなど、良好な通信環境を確保できないという課題があったことから、2011年に仮想デスクトップ環境へIT基盤のリニューアルの検討を実施した。

クライアントサーバ型のシステム導入時に行った業務の流れを洗い出して作ったワークフローを変更せずに、システムの性能向上を目指して行われたこの取り組みは、まずは既存のファイルストレージを共有する形で仮想デスクトップ環境を構築し、2012年から段階的な導入を開始。パフォーマンスを改善し、建設現場での業務効率を大幅に向上させたという。

高いパフォーマンスでボトルネックの解消に成功!

しかし、仮想デスクトップの台数が100台を超えたころから、デスクトップ画面やブラウザの起動に時間がかかるようになり、Windowsのアップデートに1時間かかったり、再起動に30分かかるといった問題が発生するようになった。調査の結果、パフォーマンスの劣化は、共有ストレージがボトルネックとなっていることが判明し、新たなストレージの導入が求められることとなったのだ。 そこで、既存のファイルストレージの後継機にSSDをキャッシュとして搭載する方法や、HDDのハイブリッド型ストレージ、複数のオールフラッシュストレージなどから対応策の検討が進められ、パフォーマンスと機能面からオールフラッシュストレージの採用が決まり、2014年に導入・運用が開始された。

選定のポイントとなったのが高いパフォーマンス。中でもI/O処理性能が重視されたほか、仮想デスクトップ環境の特性に見合った、重複排除や圧縮機能を有していることも評価された。オールフラッシュストレージを導入した結果...

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

オールフラッシュストレージを用いた仮想デスクトップ環境の実力とは!?


本稿で紹介している、三井住友建設の仮想デスクトップ環境のパフォーマンス低下問題を解決した詳しい方法が記載されたホワイトペーパーは、以下より無償でダウンロード可能です。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
562
2
仮想デスクトップが遅い! - 三井住友建設が抱えていた課題を解決した手法とは
2017-09-07 10:49:20
仮想デスクトップ環境の活用が増加しているが、接続デスクトップ数の増加に伴い、当初は快適であったパフォーマンスが低下し、使用に支障をきたすことがある。土木・建築分野にて存在感を示す三井住友建設もその1社だ。同社は、ボトルネックとなっていた共有ストレージをオールフラッシュストレージに置き換えることで、大幅なパフォーマンス向上を実現したという。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-01-29-001-index.top.jpg
仮想デスクトップ環境の活用が増加しているが、接続デスクトップ数の増加に伴い、当初は快適であったパフォーマンスが低下し、使用に支障をきたすことがある。土木・建築分野にて存在感を示す三井住友建設もその1社だ。同社は、ボトルネックとなっていた共有ストレージをオールフラッシュストレージに置き換えることで、大幅なパフォーマンス向上を実現したという。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る