マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

一人情シスで管理可能な高性能・高効率・低コストのVDI 環境を検証する

[2020/03/11 16:34] ブックマーク ブックマーク

VDI環境は従来、端末数が数千台の規模にならないとシンクライアント化のコストメリットが生まれず、中小企業には不向きとされてきた。その状況を大きく変えようとしているのが、Dell Technologiesのハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)「Dell EMC VxRail」(以下、VxRail )だ。VxRail の活用によって、一人情シスでも管理が可能な高性能・高効率・低コストのVDI環境が実現されるという。ネットワンシステムズでは、そうしたVxRail の可能性を検証すべく、小規模VDI環境をVxRail で構成、「Windows File Server」やDell Technologiesの「Dell EMC Unity VSA」、さらには「移動プロファイル」「FSLogix」を使った性能検証を実施した。その検証結果を報告する。

>> PDFのダウンロードはこちら

検証の目的

Dell Technologiesの「Dell EMC VxRail」(以下、VxRail )は、ヴィエムウェア社と共同開発されたHCIである。ストレージ仮想化ソフトウェア「VMware vSAN」(以下、vSAN)やハイブリッド型の仮想化基盤「VMware Cloud Foundation」との統合によって、VDI環境におけるサーバ/ストレージリソースの使用効率と管理性を大幅に高め、いわゆる”一人情シス”でも管理可能な高性能・低コストのVDI環境を実現できるとされる。

Dell EMC VxRail

Dell EMC VxRail

今回の検証は、そうしたVxRail で構成されたVDI環境の実性能を計測することを目的にしたものである。

検証では小規模なVDI環境にフォーカスして、vSANをはじめとするVMware製品と統合された VxRail 上に、管理サーバからユーザデータ用NAS、仮想デスクトップに至るすべてを単一のクラスタノード上で動作させる構成で性能の検証を行った。これにより、リソースの使用効率と可用性に優れた環境が実現されるとともに従来のように管理系サーバのために別のサーバを用意する必要がないため、コスト面でもメリットがありそうだ。

VxRail は管理性が非常に高く、数百の仮想デスクトップを管理するVDI環境であれば、一人の情報システム担当者が余裕をもって管理することが可能である。言い換えれば、VxRailは、中小企業によるVDI導入の敷居を大きく引き下げる可能性があり、その可能性を確認することが今回の検証の大きな目的と言える。

高性能・高効率・低コストのVDI 環境を構築する上での有力な情報として、ぜひとも検証レポートを参照してほしい。

提供資料のご案内

PDF

VDI の全構成要素をDell EMC VxRail で稼働させる実用性とは?
“一人情シス”で管理可能な
高性能・高効率・低コストのVDI 環境を検証する

  • PART 1:検証の目的と環境
  • PART 2:VxRail VDI 環境 検証結果
  • PART 3:検証結果の総評

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ネットワンシステムズ、Dell EMC

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る