【特別企画】

全世界で1万社が導入しているSoftware-Defined Storageとは?

[2014/02/28 20:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

仮想化やクラウドの普及などによりITインフラの複雑化が進むなか、それらの要求にストレージが追いつけないという問題が深刻を極めている。コストをかけて最新のストレージ機器を導入してもわずか数年で陳腐化し、その時々の要件を満たせなくなるような事態も珍しくない。そこで、ハードウェアの制約から切り離したソフトウェアベースのストレージである「SDS (Software-DefinedStorage)」に注目が集まっている。本稿では、SDSとはどのようなもので、企業にどんなメリットがもたらされるのかについて検証する。

データコア・ソフトウェア株式会社 セールスアカウント ディレクター
片山崇氏

ストレージが、急速に進化するITインフラの足かせに

今、あらゆるシステムにデータを提供しなければならないストレージへの要求は、かつてないほど高まっている。
にもかかわらず、近年ストレージ自体に大きな変化は起きていない。大容量・低コストはなっていても、肝心のパフォーマンス面ではさほど進化していないのである。そのため、急速な進化と変化を遂げるIT インフラが求める役割に応えきれなくなっているのだ。

では、我々はどうすればいいのか・・・

⇒詳細はホワイトペーパーをダウンロード!

【見出し一覧】
■ストレージが、急速に進化するITインフラの足かせに
■あらゆるストレージを仮想化して統合管理を可能にする「SANsymphony-V」

画像クリックで再生

『ストレージの異機種混在環境を仮想化で統合管理する「SANsymphony-V」』のホワイトペーパーを無償配布中


本稿で紹介している、データコア・ソフトウェアによる『ストレージの異機種混在環境を仮想化で統合管理する「SANsymphony-V」』のホワイトペーパーを無償で配布しています。

「ストレージへの投資に悩んでいる」「SDSに興味があるので詳しく知りたい」といった方々に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒ホワイトペーパーダウンロードへ

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
471
2
全世界で1万社が導入しているSoftware-Defined Storageとは?
2017-09-07 10:49:06
仮想化やクラウドの普及などによりITインフラの複雑化が進むなか、それらの要求にストレージが追いつけないという問題が深刻を極めている。コストをかけて最新のストレージ機器を導入してもわずか数年で陳腐化し、その時々の要件を満たせなくなるような事態も珍しくない。そこで、ハードウェアの制約から切り離したソフトウェアベースのストレージである「SDS (Software-DefinedStorage)」に注目が集まっている。本稿では、SDSとはどのようなもので、企業にどんなメリットがもたらされるのかについて検証する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2014-03-01-001-index.top.jpg
仮想化やクラウドの普及などによりITインフラの複雑化が進むなか、それらの要求にストレージが追いつけないという問題が深刻を極めている。コストをかけて最新のストレージ機器を導入してもわずか数年で陳腐化し、その時々の要件を満たせなくなるような事態も珍しくない。そこで、ハードウェアの制約から切り離したソフトウェアベースのストレージである「SDS (Software-DefinedStorage)」に注目が集まっている。本稿では、SDSとはどのようなもので、企業にどんなメリットがもたらされるのかについて検証する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る