【特別企画】

コスト50%の削減も夢ではない、Cohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージとは

[2018/12/04 19:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

バックアップやアーカイブなど、大量のデータを保存するために利用されるセカンダリストレージは、その利便性から世界の名だたる企業から注目を集めている。しかし、AI、IoT、ビッグデータなど、急増するデータ量に対応するため、逐次的にシステムが追加されてしまい、それぞれがサイロ化してしまうという問題も生じている。

このセカンダリストレージのサイロ化問題を解消するソリューションとして大きな注目を集めている存在が、米Cohesity社が提供するハイパーコンバージド型※の統合セカンダリストレージだ。

2018年10月11日に「Cohesity Secondary Storage Day 2018(主催:株式会社ネットワールド)」が開催された。米Cohesity社の主要メンバーが揃い、Cohesity社が提供するソリューションの特徴と、将来の展望について紹介された。今注目を集めるテーマということもあり、会場は満員で、熱気につつまれていた。

※ハイパーコンバージド:仮想化基盤を構築する際に必要となる、サーバ、ネットワーク、ストレージなどのハードウェアと、仮想化ソフトウェアや管理ツールなどのソフトウェアを統合した製品(ソリューション)。アプライアンス製品としては非常にコンパクトであり、またスケールアウトも容易なため、管理者の負担やコストの削減手段として需要が広がっている。

Cohesityは新進気鋭のITベンダーだ

⇒ PDFのダウンロードはこちら

スマートフォンのようなイノベーションをセカンダリストレージに

Cohesityは2013年、Nutanixの共同創設者でありハイパーコンバージドという概念の生みの親でもあるモヒット・アロン(Mohit Aron)氏によって設立された。それからわずか5年足らずの間にCohesityは、2018年(7月末時点)の売上が前年比300%を超えるなど急成長。同社が提供するソリューションは、すでに数多くの主要企業において導入が進んでいる。

この日の講演のために来日したモヒット氏は、「私たちのミッションはスマートフォンで起きた破壊的なイノベーションを、セカンダリストレージの領域でも起こすこと」と語る。それによってデータ容量の削減や、ユーザビリティの向上などを実現すれば、金額的にも時間的にも企業のコストを大幅に削減できるのだ。


本稿で提供するPDFでは、ネットワールドが開催した「Cohesity Secondary Storage Day 2018」の内容を紹介している。これからのデータ活用に必須となるセカンダリストレージを導入し、自社のビジネスをさらなる成長に導きたい方は、この資料に目を通し、課題解決の一助としていただければ幸いだ。

提供レポートのご案内

スマートフォンのようなイノベーションをセカンダリストレージに!

≪目次≫

  • スマートフォンで起きたイノベーションをセカンダリストレージに
  • 大幅なコスト削減をもたらすCohesityのハイパーコンバージド型セカンダリストレージ
  • マーケット拡大のためのパートナーを募集

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ネットワールド

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る