【特別企画】

オールフラッシュストレージのメリットを100%活用するために必要なものとは?

[2018/11/27 20:41] ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

デジタル変革が進み、あらゆる業種の企業におけるビジネスの形が変化してきた現代において、企業で利用しているストレージも、オールフラッシュ製品が主流になりつつある。SSDの特徴といえる高いI/O速度と低レイテンシはワークロードの処理速度を向上させ、業務効率化や生産性向上を実現する。

以前はコスト的な問題で普及が進まない傾向もみられたが、ギガバイトあたりの価格が急速に低下してきたこともあり急速に普及が進んでいる。IDCの調査によると、2015年には、年間のストレージ全体の収益が2.2%減少する一方で、オールフラッシュ ストレージ(オールフラッシュ アレイ)の販売は71%も増化しており、調査対象企業の53%が将来的なオールフラッシュの導入を予測している。この傾向は、2018年現在においても同様で、多くの企業がすでにオールフラッシュストレージを導入しているか、もしくは導入を検討している状況だ。

このように、オールフラッシュストレージはもはや高いパフォーマンスを必要とする特殊な用途で使われるものではなく、従来のストレージ製品に取って変わるものとなった。とはいえ、単にI/O速度の向上やレイテンシの低下といった性能面だけに目を向けていたのでは、オールフラッシュストレージを十二分に活用しているとはいえない。オールフラッシュのテクノロジが内包する数々のメリットを把握し、企業を成長へと導くオールフラッシュのビジネスケースを作成することが重要だ。そのためには、オールフラッシュストレージの選定・導入から効果的な運用までのノウハウが必要となる。

多種多様な企業のエンジニア・IT管理者が語るオールフラッシュ活用のノウハウ

本稿でダウンロードできる資料では、世界中の企業でITに携わっているエンドユーザーたちによる、エンタープライズ テクノロジの調査やレビュー、議論が行われているクラウドソースのプラットフォーム「IT Central Station」のレビューをもとにした、オールフラッシュストレージでビジネスを成功させるためのヒントやアイディアをみることができる。

医療、小売、大学のデータセンター、コンサルなど、多種多様な業種で活躍しているエンジニアやIT管理者の”生の声”が多数紹介されており、オールフラッシュストレージの導入・運用を成功させるための貴重なノウハウを知ることができる。エンドユーザーがオールフラッシュストレージに求める”シンプルさ”が実現する迅速な実装プロセスの有効性や、ワークロードの移動や統合を容易に行える”柔軟性”、既存インフラとのスムーズな統合など、実際に実装・運用する際にポイントとなる要素が提示されている。さらに、インラインの重複排除テクノロジによるディスク容量の効率的な利用やネットワークトラフィックの軽減、データセンターにおけるラックスペースの節約や消費電力の削減ほか、ビジネスケースの作成で重要となるコスト面でのメリットも解説。オールフラッシュストレージの活用方法に関するアイディア満載の内容となっている。

================================================

既存インフラの構成や業務内容は企業によって異なるが、オールフラッシュストレージを使ってビジネスを成功させるための基本となる要素はどの企業にとっても同じといえる。漠然とした目的で導入・運用するのではなく、明確なビジネスケースを作成してオールフラッシュストレージを活用したい企業担当者は、ぜひ本資料をダウンロードして、エンドユーザーの”生の声”を参考にしていただきたい。

提供資料のご案内

オールフラッシュ ストレージでビジネスを成功させるには

オールフラッシュ ストレージでビジネスを成功させるには
企業のエンドユーザからのヒントとアドバイス

    本書では、IT Central Stationのレビューにもとづき、オールフラッシュストレージでビジネスを成功させるためのアイディアと、実ユーザーの見解をテクノロジを最大限に活用するために必要なこととしてご紹介します。

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ネットアップ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4176
2
オールフラッシュストレージのメリットを100%活用するために必要なものとは?
2018-11-27 21:14:51
デジタル変革が進み、あらゆる業種の企業におけるビジネスの形が変化してきた現代において、企業で利用しているストレージも、オールフラッシュ製品が主流になりつつある。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/11/20/NA_AFS_index.jpg
デジタル変革が進み、あらゆる業種の企業におけるビジネスの形が変化してきた現代において、企業で利用しているストレージも、オールフラッシュ製品が主流になりつつある。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る