【特別企画】

高い費用対効果と事業継続性を担保しハイパフォーマンスを実現する、ピュアストレージのストレージソリューション

[2018/10/04 13:02] ブックマーク ブックマーク

  • サーバ/ストレージ

サーバ/ストレージ

テクノロジーの進化は、ビジネスの構造を大きく変化させた。リアルタイムで収集される多種多様なビッグデータの分析・活用はもちろん、モバイル、クラウド、ソーシャルメディア、IoTといった先進技術をビジネスに取り入れなければ、これからの時代を勝ち抜くことはできない。こうした技術を業務で活用するにあたって重要となるのは、膨大なデータを迅速かつ継続的に活用するための”仕組み”だ。このため、多くの企業がITシステムのアップグレードに取り組んでおり、理想とするITシステム構築のカギを握る『ストレージ』の選択には頭を悩ませていることだろう。

現代のビジネスに要求される、巨大なデータセットを”迅速”かつ”効率的”、さらに”並列的”に処理できるITインフラを構築するには、採用するストレージが高い帯域幅やIOPS、低レイテンシー、高可用性といった要件をすべてクリアする必要があるが、これまでのストレージソリューションでは「パフォーマンス不足」をはじめ、「高額な導入コスト」「管理の難解さと拡張性の少なさ」「信頼性の低さ」といった課題が存在し、要件を満たすことができないでいた。こうした従来のストレージが持つ課題を解決するソリューションとして開発されたのが、オールフラッシュアレイ業界のトップベンダーであるピュアストレージの最新ストレージ製品「FlashBlade」だ。

ハイパフォーマンスを高い費用対効果と事業継続性で実現

「FlashBlade」は、ファイルベースおよびオブジェクトベース環境向けに設計された画期的なアーキテクチャを採用し、近年扱うケースが急増した非構造化データを効率的に処理。オールフラッシュで構成され、省スペースや低消費電力、柔軟性があるスケールアウトを実現している。さらに、シンプルな操作で管理・拡張できるなど管理者の負担も軽減できる注目のソリューションだ。

また、企業のITインフラは事業継続性も重要となる。スピードが重用される現代のビジネスにおいて、ダウンタイムの発生は甚大な機会損失につながるため、各企業は目標復旧時点(RPO)と目標復旧時間(RTO)がゼロになることを目指している。ピュアストレージの「FlashArray」製品ならば、独自のテクノロジー「Purity ActiveCluster」によりダウンタイムなしの極めて高度な事業継続性を低コストで実現してくれる。

================================================

本稿でダウンロードできる資料では、企業のストレージインフラで重要となる要素と、理想のストレージインフラを実現する「FlashBlade」「FlashArray」などピュアストレージ製品が搭載する先進テクノロジーについての詳細を確認することができる。さらに、金融業界のFinTechをはじめ、各業界における、ITインフラの刷新を含めたデジタルトランスフォーメンションの現状についてまとめた調査資料では、最新の市況だけでなく、デジタル変革に対応するインフラソリューションとしてのピュアストレージ製品の優位性を知ることができるだろう。

ITインフラの快適化を目指す企業はもちろん、ITコストの最適化を図りたい、RPO/RTOを短縮したい、と考えている企業の担当者は、ぜひダウンロードしてご確認いただきたい。

提供資料のご案内

ピュアストレージ製品のご紹介

  • オールフラッシュストレージの
    イノベーションがもたらす
    非構造化データへの新たなアプローチ
  • 事業継続性のブレークスルーと
    コストと複雑さのコントロール
  • 次世代アーキテクチャへ進化する
    プライマリーフラッシュ市場
  • 金融イノベーションを着実に進めるための
    ストレージインフラ:Pure Storageを
    選択する価値

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ピュア・ストレージ・ジャパン

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
4062
2
高い費用対効果と事業継続性を担保しハイパフォーマンスを実現する、ピュアストレージのストレージソリューション
2018-10-15 16:18:50
テクノロジーの進化は、ビジネスの構造を大きく変化させた。リアルタイムで収集される多種多様なビッグデータの分析・活用はもちろん、モバイル、クラウド、ソーシャルメディア、IoTといった先進技術をビジネスに取り入れなければ、これからの時代を勝ち抜くことはできない。こうした技術を業務で活用するにあたって重要となるのは、膨大なデータを迅速かつ継続的に活用するための"仕組み"だ。このため、多くの企業がITシステムのアップグレードに取り組んでおり、理想とするITシステム構築のカギを握る『ストレージ』の選択には頭を悩ませていることだろう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/09/25/purestorage_index.jpg
テクノロジーの進化は、ビジネスの構造を大きく変化させた。リアルタイムで収集される多種多様なビッグデータの分析・活用はもちろん、モバイル、クラウド、ソーシャルメディア、IoTといった先進技術をビジネスに取り入れなければ、これからの時代を勝ち抜くことはできない。こうした技術を業務で活用するにあたって重要となるのは、膨大なデータを迅速かつ継続的に活用するための"仕組み"だ。このため、多くの企業がITシステムのアップグレードに取り組んでおり、理想とするITシステム構築のカギを握る『ストレージ』の選択には頭を悩ませていることだろう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る