【特別企画】

安定性と先進性を兼備! オンプレからの移行にも適したクラウド基盤サービス

[2018/06/11 10:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

ITによって社会、そしてビジネスは急激な変化を遂げている。既存のビジネスが今後も、そのままのかたちで続けていける保障はない。社会の潮流に合わせた展開を探ったり、これまでに培ってきた知見やブランド、ネットワークを基盤に、まったく新しい事業に取り組んだりしなければ、時代の中に取り残されてしまうかもしれない。本稿では、企業が革新的ビジネスを生むための取り組みをインフラ面で支える、富士通のクラウド基盤「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)について解説した資料を紹介する。

Speedy、SmallStart、Glow Bigのアプローチを支援

「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)は長年、基幹系システムを手掛けてきた富士通がリリースしたサービスだ。同社の知見が評価され、基幹系システムをLift & Shiftでクラウド移行するケースや、デジタル革新に向けてより積極的なデータ活用を行うケースでの利用が増えているという。

富士通 クラウドサービス事業本部 クラウドプロモーション統括部シニアマネージャー 浮田 博文氏は、デジタルビジネスを成功させるには「素早く(Speedy)」「小さくはじめて(SmallStart)」「大きく育てる(Glow Big)」という3つのアプローチが重要だと語る。そしてK5はこのアプローチを容易に実践できる基盤でありながら、富士通が基幹システムで培ってきた高品質・高信頼なシステム構築・運用のノウハウが存分に生かされているプラットフォームだという。

またK5におけるクラウド移行や、データ活用のニーズに対応するストレージ基盤を提供しているネットアップのシステム技術本部 井谷 寛氏は、富士通のオープンな技術とネットアップの新技術を組み合わせることで、「他社のクラウドにはない機能を提供できるようになりました」と説明している。

資料では、基幹システムをクラウドネイティブなアプリケーションへと迅速に移行できる仕組みや、データ連携のために提供されているサービスなど、「素早く」「小さくはじめて」「大きく育てる」ビジネスの実現に貢献するK5の特長や、ブロックストレージのオールフラッシュ化によって実現する処理時間の短縮・コスト削減といった、導入後の具体的なメリットについても記されている。

基幹システムのクラウド移行を検討している企業はもちろん、ビジネスのスピードアップやイノベーション創出を目指す企業にとっても、大いに参考になる資料といえる。ぜひご一読いただきたい。

提供レポートのご案内

富士通とネットアップのタッグで実現!
基幹システムのクラウド化とデジタル変革を支える
クラウド「K5」の衝撃

≪目次≫

  • デジタル革新を実現するために欠かせないシステムの要件とは
  • 富士通の技術×グローバル - プレイヤーとのパートナーシップ
  • デジタル技術を活用した共創がビジネスのスタンダードに
  • K5のデータサービス基盤を支えるネットアップストレージ

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:富士通、ネットアップ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3780
2
安定性と先進性を兼備! オンプレからの移行にも適したクラウド基盤サービス
2018-06-18 17:22:05
本稿では、企業が革新的ビジネスを生むための取り組みをインフラ面で支える、富士通のクラウド基盤「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)について解説した資料を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/06/04/re_netapp_fujitsu_kari_180604.jpg
本稿では、企業が革新的ビジネスを生むための取り組みをインフラ面で支える、富士通のクラウド基盤「FUJITSU Cloud Service K5」(以下、K5)について解説した資料を紹介する。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る