【特別企画】

IoT基盤もクラウドも! あらゆるニーズを満たすエンタープライズ向けストレージ

[2017/10/05 18:00] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

いまやストレージは、構造化/非構造化を問わず、あらゆるデータの保管場所として必要不可欠な存在だ。しかし従来のストレージ専用製品は機能が”ブラックボックス”化されており、ひとたび導入すると拡張時にほかの選択肢がないという”ベンダーロックイン”が課題だった。そして、この課題を解決するのが「Software Defined Storage(SDS)」。コモディティ化された汎用サーバーと高信頼オールフラッシュプラットフォームを採用し、ストレージ機能をハードウェアから完全に分離したSDSは、企業のあらゆるストレージニーズを満たしながら、従来のストレージコストを大幅に低減できるとして注目を集めている。

今注目のSDSを高品質・大容量なオールフラッシュ上で実現

いま注目を集めているSDSの中でも、エンタープライズレベルの高信頼プロックファイル用SDSとして定評のある「NexentaStor」と、NANDフラッシュメモリーの開発・製造からストレージ・システムまでを提供するWestern DigitalのSanDisk InfiniFlashまたはHGST 2U24 All Flash Platformを完全に統合したのが、「Nexentaオールフラッシュソリューション」だ。同ソリューションは企業、クラウド、データセンターへ低遅延・高パフォーマンス・高信頼のストレージインフラを低コストで提供する。

また「Nexentaオールフラッシュソリューション」は、革新的なコスト改革を実現できる。それは、標準的なx86アーキテクチャのハードウェアを採用し、将来も同じ仕組みで運用できるからだ。ストレージ専用製品のように生産終了や不本意なタイミングでリプレースする懸念もなく、長期にわたって運用コストを低減できる。さらに、ストレージのハードウェアを統一のアーキテクチャで一元的に管理できるため、初期導入コストと運用コストの両方を削減可能だ。

そして「Nexentaオールフラッシュソリューション」には、以下のとおり3つの魅力的な特長がある。

1. オールフラッシュによる最高のコストパフォーマンス
2. シンプルな運用管理で作業負荷を大幅軽減
3. 充実したストレージ機能

本稿で提供しているPDFでは、「Nexentaオールフラッシュソリューション」について、上記3つの特長や導入事例を紹介しながら、より詳細に解説している。データベースやERP/CRMなどのエンタープライズアプリケーション、クラウド/仮想環境、4K/8K映像編集からストリーミング配信やIoT/ビッグデータのデータレイク、AI/マシンラーニングのリソースプールなど、あらゆるワークロードに対応可能な同ソリューション。興味のある方は、ぜひご一読いただきたい。

提供レポートのご案内

企業のストレージインフラに
かつてないTCO削減と最高レベルのパフォーマンスを
Nexentaオールフラッシュソリューション

≪目次≫

  • Nexenta SDS×Western Digital
    オールフラッシュSDSソリューション
  • 今注目のSDSを高品質・大容量 オールフラッシュ上で実現
  • Nexentaオールフラッシュソリューションが革新的なコスト改革を実現できる理由
  • Nexentaオールフラッシュソリューションの特長
  • あらゆるワークロードへの対応を1つのアプライアンスで
  • システム構成/主な特長/Western Digitalについて

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:HGSTジャパン、サンディスク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3093
2
IoT基盤もクラウドも! あらゆるニーズを満たすエンタープライズ向けストレージ
2017-10-05 18:07:18
いまやストレージは、構造化/非構造化を問わず、あらゆるデータの保管場所として必要不可欠な存在だ。しかし従来のストレージ専用製品は機能が"ブラックボックス"化されており、ひとたび導入すると拡張時にほかの選択肢がないという"ベンダーロックイン"が課題だった。そして、この課題を解決するのが「Software Defined Storage(SDS)」だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/09/20/sandisk_02.jpg
いまやストレージは、構造化/非構造化を問わず、あらゆるデータの保管場所として必要不可欠な存在だ。しかし従来のストレージ専用製品は機能が"ブラックボックス"化されており、ひとたび導入すると拡張時にほかの選択肢がないという"ベンダーロックイン"が課題だった。そして、この課題を解決するのが「Software Defined Storage(SDS)」だ。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る