【特別企画】

設定/運用コストを40%カット! 導入工数も大幅削減可能な統合監視サーバとは

[2016/08/16 08:30] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

クラウド環境や仮想化技術の進歩、デバイスの多様化により、企業において扱うシステムの数は増え続けている。パブリッククラウドとプライベートクラウドの併用をはじめ、システムの活用方法における質的な変化も生じてきている。

特にオンプレミスのシステムをクラウドに移行する場合、扱うインスタンス数がそれまでの物理サーバの数倍から数十倍になる可能性があり、個々のシステム管理者の負担増大や、エージェント単位で課金する監視ソフトウェアにおける運用コストの上昇が懸念される。このため効率的な監視を行いつつ運用コストを低減することが求められているが、サーバ、クラウド、ネットワーク機器など現在稼働しているシステムのコストカットは難しいのが実情である。

そこで注目されるのが、業務システムから独立しており規模や費用の調整がしやすいオープンソースの監視サーバの活用である。実際にオープンソースの統合監視ソリューションを活用して大幅なコストダウンを実現する企業も増えてきている。

しかし、オープンソースでの統合監視の需要は高まりつつも、運用開始までの構成や設定の複雑さから、導入をためらう担当者も多い。また監視サーバがダウンした際の対策など、運用に向け必ずクリアすべき要件の多さも障壁となりうる。

そこで今回マイナビニュースでは、コスト面・運用面での課題を解決するミラクル・リナックス提供の統合監視サーバ「MIRACLE ZBX8300」に関する資料を紹介する。監視サーバ自体の可用性の向上により安心して利用できる点や、ユーザーの手間を極力削減するための設計上の工夫について語った同社の開発担当者による解説資料を掲載している。また約40%の設定・運用コスト削減を達成する理由を示す製品概要資料も合わせてダウンロードできる。監視サーバが万が一止まってもダウンタイムを極力抑えて監視業務を継続できるなど、システム管理者の負担を大幅に軽減可能な同ソリューション。詳細はぜひ資料をご一読いただきたい。

(マイナビニュース広告企画 : 提供ミラクル・リナックス)

1702
2
【特別企画】設定/運用コストを40%カット! 導入工数も大幅削減可能な統合監視サーバとは
2016-08-16 08:37:02
今回マイナビニュースでは、ミラクル・リナックスが提供する統合監視サーバ「MIRACLE ZBX8300」に関する資料を紹介。同社の開発担当者による解説資料、および約40%の設定・運用コスト削減を達成する理由を示す製品概要資料を掲載している。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/08/05/miraclelinux_index.top.jpg
今回マイナビニュースでは、ミラクル・リナックスが提供する統合監視サーバ「MIRACLE ZBX8300」に関する資料を紹介。同社の開発担当者による解説資料、および約40%の設定・運用コスト削減を達成する理由を示す製品概要資料を掲載している。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る