【特別企画】

ストレージ基盤刷新、数十万人が利用する映像配信ビジネスの急成長をサポート

[2016/06/24 08:30] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

サービスを支えるプラットフォームの刷新が急務に

データセンター・ハウジング、クラウド・ホスティング、ストリーミングの3事業をコアに、幅広いビジネスを展開するNTTスマートコネクト。特にコンテンツそのものを商品にビジネスを展開するコンテンツプロバイダーや、自社内で動画を活用している企業顧客にとって、同社が提供する映像ネットワーク配信プラットフォームは、必要不可欠なものとなっている。

そのような中、同社がサービスを提供している国内大手の映像コンテンツ事業者が、更なるビジネス拡大に着手。年間コンテンツ配信量は約2倍増、また会員数は数十万にも増加し、サービスを支えるプラットフォームの刷新が急務となった。新システムの要件としては、プライベートクラウド環境を前提に、動画コンテンツ、配信プログラム、メタデータ等をトータル管理するためのアプリケーションを刷新し、メンテナンス作業までをノンストップで実施できること。こうして、ストリーミングサービスの提供において非常に重要となるストレージ選定が開始された。

課題

・ サービス規模の急激な拡大により、プラットフォームのストレージ基盤刷新が急務に
・ 必要とされるIOPSの確保、各種ワークロードへの対応、高い管理性と容易な導入・運用を両立しながら、優れたコストパフォーマンスを発揮できるストレージ基盤の実現が必要

これらの課題を解決するストレージの選定方法とは、一体どのようなものだったのだろうか。本ホワイトペーパーでは、NTTスマートコネクトが抱える課題の解決法について詳しく紹介している。ビジネスの拡大を考えている方、現在のシステムに課題を抱えている方に、ぜひご一読いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 Nimble Storage)

1553
2
ストレージ基盤刷新、数十万人が利用する映像配信ビジネスの急成長をサポート
2016-06-24 09:30:03
NTTスマートコネクトは、データセンター・ハウジング、クラウド・ホスティング、ストリーミングの3事業をコアに、幅広いビジネスを展開する。同社がサービスを提供している国内大手コンテンツ事業者が、更なるビジネス拡大に着手。年間コンテンツ配信量は約2倍増、また会員数も右肩上がりで増加し、映像配信管理プラットフォームにおけるストレージ基盤の刷新が急務となった。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/06/22/nimble_index.jpg
NTTスマートコネクトは、データセンター・ハウジング、クラウド・ホスティング、ストリーミングの3事業をコアに、幅広いビジネスを展開する。同社がサービスを提供している国内大手コンテンツ事業者が、更なるビジネス拡大に着手。年間コンテンツ配信量は約2倍増、また会員数も右肩上がりで増加し、映像配信管理プラットフォームにおけるストレージ基盤の刷新が急務となった。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る