【特別企画】

DB、VDI、仮想化の特定用途だけだと思っていませんか? - 「価格破壊」の先駆者 HP 3PARがもたらす、"汎用用途 オールフラッシュ ストレージ"という選択肢

[2015/12/22 14:30] ブックマーク ブックマーク

サーバ/ストレージ

オールフラッシュの適用分野は特定領域に限られ「ない」

ストレージベンダーが相次いで新製品を市場投入し普及の兆しが見えるオールフラッシュストレージ。調査会社Gartner Researchが2015年5月に公表した調査レポートによれば、2014年におけるオールフラッシュ製品の出荷数は前年度比で130%にも達しており、I/O性能が飛躍的に向上するというメリットは、エンタープライズ領域においてもはや周知されているといえよう。しかし一方、高価格という特性から、「オールフラッシュの適用分野はデータベースやVDIインフラ、仮想化基盤といった特定領域に限られる」というイメージを持つ企業がほとんどではないだろうか。

本稿で紹介する日本ヒューレット・パッカードのオールフラッシュストレージ「HP 3PAR」は、そのイメージを覆し「オールフラッシュ = 汎用用途」という世界を実現しうる製品だ。事実、2014年度のHP 3PARの出荷台数は、先の調査レポート数値の約10倍にも上る前年比1059%という数値となっている。その理由は、「HDDとSSDを同等価格に」という点だ。

HDDとSSDを同等価格に近づける - HP 3PARの特徴

  1. HP独自ソフトウェアのデータ効率化技術による、「コスト削減」
  2. 特許技術 アダプティブスペアでの容量拡張による、「\/GB 低単価」
  3. HP 独自ASICのハードウェア機能による「高性能と高信頼性」

→資料内では上記3つの観点から、「HP 3PAR」の特徴と、それがもたらす「オールフラッシュ = 汎用用途」という世界について検討されている。フラッシュストレージを検討する企業はもちろん、汎用ストレージの導入を検討する企業の担当者にも、ぜひ目を通していただきたい。


かつてない大変化とは…
詳細はPDF資料でご覧下さい。
⇒PDFダウンロードはこちらをクリック

日々高まり変化するビジネス要求の中で、ITシステムにおいては「スピード」と「拡張性」が強く求められる。ただし、投資できる予算に限りがある状況下もあり、「『投資コストの削減』と『機会損出(稼ぎ損ない)解決』の最適化」は、企業における重大なテーマになるだろう。前述のとおり、フラッシュストレージにおいても、その有用性は理解されてはいても、多くの場合システムの一部をフラッシュ化する「ハイブリッド」階層型に留まっているといえる。

HP 3PARの導入は、「ハイブリッド」階層型から「オールフラッシュ」の方向へ移行するための、現段階における有力な選択肢だ。資料の中ではこのHP 3PARの説明のみでなく、今後のITに求められる役割と課題とは何なのか。そこにおいてフラッシュストレージが担っている期待とはどのような点になるのかを、事例も交えて解説している。これまで「オールフラッシュ」導入に踏み出せなかった企業の方には、是非一度、詳細について目を通していただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 日本ヒューレット・パッカード)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る