【特別企画】

仮想化環境の容易な導入と運用を実現する - ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE

[2015/11/26 11:30] ブックマーク ブックマーク

大企業はもちろん、中堅・中小企業のビジネスにとっても、ITのさらなる高度活用は大きなテーマとなっている。その前提となるのが、仮想化環境への移行だ。仮想化環境であれば、システム立ち上げが容易な上、ITをこれまで以上に柔軟かつ俊敏に使いこなしていくことができるようになる。

その一方で、仮想化環境の導入には様々なハードルが存在する。IT基盤全体の設計の見直しが必要となるほか、業務で必要とされるパフォーマンスをどうやって維持するのかといった技術ノウハウ不足、運用管理の複雑化、コスト増への懸念といった課題をクリアしなければならない。

そこで本資料では、仮想化環境の構築や運用に必要なハードウェアやハイパーバイザー、ソフトウェアのすべてがあらかじめ最適な状態に設計・設定された上でアプライアンスとしてインテグレーションされている「ハイパーコンバージドインフラ D-RAID ADVANCE」について説明している。

ハイパーコンバージドインフラ D-RAIDADVANCEでは、ITのさらなる高度活用はもちろんのこと、 データ保護や事業継続のニーズを満たすことも可能。仮想マシンや各種データのバックアップ先として、オンプレミス(社内データセンター)だけでなくパブリッククラウド(VMware vCloudを予定)も設定できることから、大規模災害が発生した際のデータ保護やBCP(業務継続計画)を考慮した運用も実現可能だ。

仮想化環境を導入し、ITを柔軟かつ俊敏に使いこなしていきたいと考える方々や、事業継続を考慮した仮想化環境の運用を実現したい方々に、この資料をぜひとも一読していただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 デジタルテクノロジー)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
PowerShell Core入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る