マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

いまERPをクラウド化すべき7つの理由

[2021/09/22 10:00] ブックマーク ブックマーク

ERP

過去、ERPという分野は、信頼性やセキュリティを不安視する声からなかなかクラウド化が進まなかった。ただ、2021年現在ではそういった不安がほぼ払しょくされ、業界や企業規模を問わず、ERPをクラウド化する動きが加速している。事実、矢野経済研究所は2020年、ERP市場動向に関する調査のなかで、2019年のクラウド利用率(IaaS/SaaS利用とSaaS利用の合計)が38.3%にまで到達したことを公表。2021年にはクラウドの利用率が63.5%にまで拡大する見通しだと報告している。

今こそクラウドERPに投資すべき7つの理由とは

では、ERPをクラウドに移すことで企業が得られるメリットにはどんなものがあるのか。SCSKが公表するホワイトペーパー「今こそクラウドERPに投資すべき7つの理由とは」をもとに、ERPをクラウド化する意義について紐解いていきたい。


SCSK提供資料
~激変の時代ではクラウド型が常識に~
今こそクラウドERPに投資すべき7つの理由とは
>> 資料ダウンロードはこちら


ERPをクラウド化すべき7つの理由

SCSKはホワイトペーパーのなかで、企業がクラウドERPに投資すべき7つの理由と題し、下記の項目を挙げている。

[1]世の中のトレンド、方向性
[2]不確実性、ビジネス環境の変化に対する対応力
[3]新しい働き方への対応力
[4]会計基準や法改正への対応力
[5]他システムとの容易な連携
[6]サブスクリプション型
[7]UI/UXの重視


各詳細は資料を参照されたいが、[2]について触れれば、この項目はコロナ禍で特に注目を集めているテーマといえる。

パンデミックによる社会の変化は、企業に対し、リソース(「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」)の再配置やビジネス構造の見直しを迫った。これにあたり、レガシーなオンプレミスERPがボトルネックとなってタイムリーな対応を進めることが叶わなかったという企業は少なくない。コロナという予測困難な変化を経験したことにより、ERPに柔軟性を持たせて経営やバックオフィス業務の対応力を高めることの重要性が、企業に広く周知されることとなったのである。

変化への対応でいえば、[4]も重要な視点といえる。会計基準や法改正が変わるたびにERPを改修していては、時間もコストも浪費するばかりだ。クラウドは[6]にあるとおり、サブスクリプション費を毎月支払えば、法改正などに対応した最新バージョンのERPが常に利用できる。クラウドへ環境を移すことは、対応力を高めるだけでなく、コスト最適化の面でも有効となる。

*  *  *

ホワイトペーパーでは7項目すべてについて詳細に解説するほか、SCSKがこの11月に新しくリリースする超寿命クラウドERP「ProActive C4」についても紹介している。資料を提供するSCSKは国産初のERP「ProActive」を提供する企業で、これまで6,200社、280の企業グループを超える導入実績がある。同社のノウハウに基づいて作成されたホワイトペーパーは、自社のERPの在り方を考えるうえできっと役に立つだろう。ぜひダウンロードしてみてほしい。

ダウンロード資料のご案内

SCSK提供資料
~激変の時代ではクラウド型が常識に~
今こそクラウドERPに投資すべき7つの理由とは
>> 資料ダウンロードはこちら

[PR]提供:SCSK

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る