【特別企画】

BaaS+CMS+CRMで実現するIoT時代のWebプラットフォーム

[2015/10/07 11:00] ブックマーク ブックマーク

あらゆるものがインターネットにつながるIoT時代の到来に伴い、これまでに蓄積した情報を多様なデバイスで、さまざまな用途に活用したいというニーズが高まっている。しかし、これまでのソリューションの場合、目的ごとにデータベースが独立しているため、それぞれのシステム間連携が困難という課題があった。

そこで本資料では、Web開発フレームワーク、コンテンツ管理、マーケティングツールなど、ワンソース・マルチユースでWebの開発・運営を可能とするクラウド型Webプラットフォーム「ECHO」について紹介し、その特徴や機能、利用プラン、導入効果について説明している。

「ECHO」で提供されている汎用性の高いプラグインを組み合わせれば、サーバーサイドの機能をノンプログラミングで構築可能。また、開発者向けとして多くのAPIやSDKが用意されているので、基本機能だけでは実現できない要求にも対応できる。さらに、サイトのデザインやデータ構造を自由にカスタマイズできるため、多くの用途にマッチするプラットフォームにもなる。ワンソース・マルチユースでWebを開発・運営したいと考える方々にとっては、必読資料となるだろう。

(マイナビニュース広告企画:提供 ニューロベイス)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る