【特別企画】

ノンプログラミングで簡単操作!導入しやすい!定着しやすい!SFA

[2018/04/17 09:48] ブックマーク ブックマーク

  • CRM/SFA

CRM/SFA

なぜSFA/CRMの導入が進まないのか?

⇒ PDFのダウンロードはこちら

導入率はたったの3割、定着率はさらにその半数

営業のプロセスを管理し、組織的な営業活動を推進するビジネスツールとしてSFA(SalesForceAutomation)が取りだたされて久しい。

しかし、こうした背景がありながら、調査機関等が発表するレポートによるとSFA、また、これと同列になって紹介されることが多いCRM(CustomerRelationshipManagement)の国内での導入率は3割を切っているというのが現実だ。

さらに、SFAを導入している企業においても、これらのビジネスツールが社内に定着しているのはおよそ半数と、話題性に対し浸透があまり進んでいないのが現状といえるだろう。

自社の業務フローに合ったSFA

このように企業の最大目標たる「売上の向上」に直結するはずのビジネスツールであるにも関わらず、SFAの導入、定着が進まないのには大きな理由がある。

それは、導入する(した)SFAが自社の業務フローに合っていないケースが多いからで、これをマッチしたものにカスタマイズするには、専門性の高い社員を育成するか、高額な外注費を確保するかの選択を迫られることになり、結果として導入が進まない要因となっている。

本稿では、「導入を成功させるSFA」を合言葉に、低コストで自社の業務フローに合った柔軟なシステム構築を可能とするジャストシステムのSFA『JUST.SFA』を紹介。

ノンプログラミングでカスタマイズができるため、専門的な知識やノウハウがなくても、自社の業務フローにそったシステムへの構築を簡単に行うことができるほか、これまたノンプログラミングで必要なアプリケーションを必要なタイミングで追加することができるため、無駄なコストを省き、定着しやすいシステム構築を可能としていることが特徴だ。


本稿で提供するPDFでは、上記の機能に関する詳細以外にも、SFA/CRMのわかりやすい解説から導入成功のパターンまでを網羅している。SFAの選定や活用に課題を抱えている企業の担当者の方は、ぜひこの資料を参考にしていただきたい。

提供レポートのご案内

SFA/CRMを
売上向上に直結させる方法

≪目次≫

  • なぜSFA/CRMが売上向上に結びつくのか
  • なぜSFA/CRMの導入が進まないのか?
  • SFA/CRM導入が成功しているパターン
  • 導入を成功させるSFA~JUST.SFAのご紹介~
  • マウス操作で部品を配置
  • 用意されている多数の部品
  • アプリの追加、配置も全てノンプログラミング
  • ノンプログラミングが成果に結びつく理由

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ジャストシステム

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3580
2
ノンプログラミングで簡単操作!導入しやすい!定着しやすい!SFA
2018-04-17 09:58:19
営業のプロセスを管理し、組織的な営業活動を推進するビジネスツールとしてSFA(SalesForceAutomation)が取りだたされて久しい。 しかし、こうした背景がありながら、調査機関等が発表するレポートによるとSFA、また、これと同列になって紹介されることが多いCRM(CustomerRelationshipManagement)の国内での導入率は3割を切っているというのが現実だ。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/04/17/justsystem_SFA_01.jpg
営業のプロセスを管理し、組織的な営業活動を推進するビジネスツールとしてSFA(SalesForceAutomation)が取りだたされて久しい。 しかし、こうした背景がありながら、調査機関等が発表するレポートによるとSFA、また、これと同列になって紹介されることが多いCRM(CustomerRelationshipManagement)の国内での導入率は3割を切っているというのが現実だ。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドサービス アンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る