【特別企画】

運用監視の自動化をすぐに、簡単に実現する方法

[2020/03/02 10:00] ブックマーク ブックマーク

「UOM『シンプルパック』」では、IT管理者の課題をすぐに、簡単に解決できる

運用設計を少し変えるだけでも時間とコストがかかる、初期設定に多くの手間がかかる、休日や夜間でもアラート電話に備えなければならない、……「UOM『シンプルパック』」では、こうした課題をすぐに、簡単に解決できる。詳細は、ダウンロード資料から確認してほしい。

ITサービスを継続して提供するために、運用監視は欠かすことができない。ただ、多くの場合、管理対象となるサービスは多岐にわたる。全てを人力で監視していては、体がいくつあっても足りない。こうした背景から、企業内のシステムを統合して管理する仕組みや運用監視の自動化ツールを検討する企業が増えている。

当然だが、実運用に添った仕組み、ルールを用意しなければ、運用監視の簡素化は成功しない。本稿では、きちんと機能する仕組みをすぐに、簡単に構築するためのサービスとして、「IIJ統合運用管理サービス(UOM)『シンプルパック』」を紹介する。

20年以上の実績で得た運用監視ノウハウをプリセットで提供

「運用監視を便利にするための取り組みが、かえって工数負荷を引き起こしている」

しばしば耳にするこうした声は、なぜ生まれてしまうのだろうか。1つ挙げられるのが、初期導入や定期的な運用見直しに際して行うセットアップの煩雑さだ。自社の環境に合わせた設計を練る、あるいは今の運用監視にある課題を抽出した改善案を策定する。日々の業務に追われる管理者にとって、こうした初期設定の時間を確保するのは容易ではない。システムの運用監視をアウトソースするMSP(Managed Service Provider)を利用する手もあるが、ここでも業務の取りまとめや委託先への引き継ぎ作業が発生するため、同じ課題にぶつかる。

IIJでは、20年以上のシステム運用・保守実績をもとに開発した「UOM『シンプルパック』」を、SaaS型の統合運用管理サービスとして提供。長年の実績で蓄積した同社のノウハウがプリセットで提供されるため、安価かつ短期間で運用監視を簡素化・自動化することが可能だ。Azure、AWS、GCP、IIJ GIO、オンプレミスなど様々なプラットフォームにある対象を運用、監視するため、マルチクラウドやハイブリッドクラウド環境でも対応できる。

「UOM『シンプルパック』」の概要。どんな監視設定をすれば良いか分からない、最初の設定が面倒で取り組みが進まない、深刻度に関わらず何かあったらとりあえず電話が鳴る、......同サービスではこんな課題がすぐに解決できる。

「UOM『シンプルパック』」の概要。どんな監視設定をすれば良いか分からない、最初の設定が面倒で取り組みが進まない、深刻度に関わらず何かあったらとりあえず電話が鳴る、……同サービスではこんな課題がすぐに解決できる。

「UOM『シンプルパック』」のサービスイメージ。

「UOM『シンプルパック』」のサービスイメージ。障害の検知から復旧までの一連の対応が自動化可能。

*  *  *

「UOM『シンプルパック』」の特徴は、IIJのノウハウを凝縮したプリセットにより初期設定がすべて任せられること、そして簡単に運用監視の自動化が実現できることだ。PDFでは同ソリューションについて、詳細を説明。システムの運用監視を簡素化、自動化したい、でもリソースがなかなか捻出できない、そんな企業は特に注目のサービスだ。

提供資料のご案内

システム運用をシンプルに
IIJ統合運用管理サービス(UOM)「シンプルパック」

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:インターネットイニシアティブ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る