【特別企画】

インシデント解決をハンズオンで体感! IT部門が戦略的な業務に集中するには...

[2019/11/27 09:00] ブックマーク ブックマーク

クラウド

スマホを活用して迅速なインシデント対応を実現!

⇒ PDFのダウンロードはこちら

さまざまな企業がDXを推進しようとしている中、IT担当者の稼働が割けない、自社にあったDXの方法が見つからない、といった課題がDX推進の停滞を招いている。

IT運用を「マネージドサービス」に任せることができれば、IT部門が戦略的な業務に集中することができ、DXの実現に繋げられるという。

そこで注目したいのが「GMOne ITSM Platform」である。

これはグローバルマネージドサービス「Global Management One(GMOne)」と、クラウド型ITサービスマネジメント「ServiceNow」を組み合わせた運用プラットフォーム。

「インシデント管理」「問題管理」「変更管理」「ナレッジ管理」「構成管理」といったプロセスを一元管理できるのがメリットだ。

スマホアプリで迅速なインシデント対応が可能に!

本稿では「インシデント管理」を例に、ハンズオンの模様をレポート。

たとえばダウンタイム(サービス停止)が発生すると、1分あたり最大830万円の損失が出るというが、「GMOne ITSM Platform」の「インシデント管理」なら、スマホアプリによる迅速な対応が可能だ。

また、機器構成をビジュアルで確認できる「依存関係ビュー」機能により、インシデント時の早期対処を可能とする役割についても注目したい。

ぜひ本稿からダウンロードできるイベントレポートを入手し、インシデントへの素早い対応を参加者が自然に身につけていく様子を確認してほしい。

提供レポートのご案内

NTT Communications Forum 2019 レポート
ServiceNowとNTTコミュニケーションズのタッグが企業のDXを強力に牽引


  • 現代のビジネスにおけるDX の必要性と、実現を支援するソリューション
  • GMOne ITSM Platform が実現する一元管理のメリットを体感
  • GMOne ITSM Platform 導入後の全体像
  • スマホを活用して迅速なインシデント対応を実現する

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:NTTコミュニケーションズ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る