【特別企画】

Microsoft Azure 導入、成功と失敗の分かれ目は?500社以上の実績から紐解く

[2018/01/31 14:30] ブックマーク ブックマーク

クラウド

総務省が発行している「情報通信白書 平成28年度版」によると、日本国内でクラウドサービスを一部でも利用している、と回答した企業の割合は44.6%にものぼる。現在では企業規模や業務内容にかかわらず、なんらかのシステムを導入する際に、明確な理由を持ってクラウドが第一の候補に挙げられることも少なくない。しかし、クラウドは非常に便利な技術であり上手に運用すれば数多くのメリットを生み出せる一方で、思ったような成果を得られない状況にもなり得るので注意が必要だ。ここではクラウドサービス「 Microsoft Azure 」について、上手にクラウドを活用するためのポイントを解説しよう。

クラウドの導入・運用の壁:その1「何を選べばいいかがわからない」

クラウドの導入時に真っ先に直面する壁、それはサービスメニューの多さだ。 Microsoft Azure の場合、提供されているサービスの数は約100種類くらいある。そこから、何を選び、どう組み合わせていくのか、それを見つけ出すことは容易ではない。例えば、基幹システムのような全社的に使用するシステムをクラウドに移行する場合には、さまざまな機能やサービスを連携させていかなくてはならない。何が最適なサービスなのか、情報収集するだけでも頭を悩まされてしまうのだ。

クラウドの導入・運用の壁:その2「どう運用すればいいかがわからない」

自社に適したサービスを選び出しても、次に「運用の壁」が立ちはだかる。その理由は、クラウド特有の運用としてリソーススケールの設定、サブスクリプションの管理、課金、セキュリティ設定など、複数の検討項目があるためだ。だが「どんな方針で、何を基準にその運用ルールを決めるのか」その目安がない状況では、それらの項目に決定を下すこともできない。

ガイドライン検討項目サンプル

⇒ PDFのダウンロードはこちら

500社分のノウハウによって生み出された
Microsoft Azure 導入「ガイドライン」

国内外で Microsoft Azure を利用したクラウドソリューションを数多く手がけ、国内ではエンタープライズ系企業を中心に約500社もの導入実績を誇るソフトバンク・テクノロジー。同社ではその豊富なノウハウに基づき、サービス概要、注意点・留意点、設計・運用ルールなど、今後の Microsoft Azure 環境構築の指標となるガイドラインを作成している。

基準となるガイドラインが決まれば、あとはそれに沿って、オンプレミスを維持すべきか、あるいは Microsoft Azure を導入してクラウド移行を進めるべきかが見えてくる。 Microsoft Azure への移行を進める場合には、どのようなサービスを選択して、環境を構築し、運用していけばいいかの判断もできるようになるのだ。


本稿で提供するPDFでは、ソフトバンク・テクノロジーの担当者がクラウドの導入と運用を成功させるためのポイントを、上記「ガイドライン」の定め方など、より具体的に解説している。また実際の Microsoft Azure 導入事例も紹介。クラウドの導入を検討している企業のIT担当や経営層の方はもちろん、すでにクラウドを導入しているが十分に活用できていないのではと感じている方にも、ぜひ一読していただきたい。

提供レポートのご案内

情報システム担当者と二人三脚でクラウド導入
~成功する Microsoft Azure 導入の鍵は
ガイドラインにあり~

≪目次≫

  • クラウドの導入・運用の壁
  • 500社分のノウハウによって生み出された
    Microsoft Azure 導入「ガイドライン」
  • 「知る→考える→試す→使う」の 4つの Microsoft Azure 移行プロセス
  • Microsoft Azure 移行ガイドライン作成事例

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:ソフトバンク・テクノロジー

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3425
2
Microsoft Azure 導入、成功と失敗の分かれ目は?500社以上の実績から紐解く
2018-01-31 14:34:04
総務省が発行している「情報通信白書 平成28年度版」によると、日本国内でクラウドサービスを一部でも利用している、と回答した企業の割合は44.6%にものぼる。現在では企業規模や業務内容にかかわらず、なんらかのシステムを導入する際に、明確な理由を持ってクラウドが第一の候補に挙げられることも少なくない。しかし、クラウドは非常に便利な技術であり上手に運用すれば数多くのメリットを生み出せる一方で、思ったような成果を得られない状況にもなり得るので注意が必要だ。ここではクラウドサービス「 Microsoft Azure 」について、上手にクラウドを活用するためのポイントを解説しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2018/01/31/softbanktech_index.jpg
総務省が発行している「情報通信白書 平成28年度版」によると、日本国内でクラウドサービスを一部でも利用している、と回答した企業の割合は44.6%にものぼる。現在では企業規模や業務内容にかかわらず、なんらかのシステムを導入する際に、明確な理由を持ってクラウドが第一の候補に挙げられることも少なくない。しかし、クラウドは非常に便利な技術であり上手に運用すれば数多くのメリットを生み出せる一方で、思ったような成果を得られない状況にもなり得るので注意が必要だ。ここではクラウドサービス「 Microsoft Azure 」について、上手にクラウドを活用するためのポイントを解説しよう。

会員登録(無料)

AI人材に必要なもの
セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
パスワード管理アプリの選び方
国家主導型サイバー攻撃
情報セキュリティ事故対応アワード2017
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る