【特別企画】

60%以上が不安を感じる社内コミュニケーション - 企業の課題を解決する方法「グループウェア編」まとめ

[2015/08/31 12:17] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

社内コミュニケーションによる「困った」を解決

  • モチベーションアップや職場の雰囲気を改善したい
  • 業務の待ち時間を減らし、連携スピードを向上させたい
  • 報告が全てメールで、業務が埋もれてしまう

→こんな「困った」を解決する!? 社内コミュニケーション活性術とは


今や当たり前になった社内コミュニケーション。しかし、その本質を理解し、実践できている企業は存在するのだろうか。今回マイナビが取得した400件のアンケート結果をまとめると約60%の人が、社内コミュニケーションの取り組みについて失敗をしていると考えているようだ。またその理由については、約64%の回答者が「管理職と一般社員のコミュニケーション問題」だと捉えていることが分かる。

昨今、社内コミュニケーションを改善するために取り入れられる手法として社内SNS・チャットツールなどの導入がある。

今回はその中でも"グループウェア"に絞って資料をまとめた。ただ、昔からグループウェア自体に否定的な意見もある(機能が多すぎ・ログインが面倒くさい)など。ただし最近のグループウェアは必要な機能のみを利用する事が出来るなど、現場の意見を取り入れた使いやすいグループウェアとして進化しており、社内コミュニケーション改善に一役買っているとのことだ。

そこでグループウェアを導入するメリットやツールを形骸化させないための導入方法などを資料としてまとめた。社内コミュニケーションの活性化を図りたい企業や、同様のツールが形骸化している企業のご担当者は是非一読いただきたい。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください


(マイナビニュース広告企画:提供 リスモン・ビジネス・ポータル株式会社)

616
2
60%以上が不安を感じる社内コミュニケーション - 企業の課題を解決する方法「グループウェア編」まとめ
2016-06-13 20:34:02
社内コミュニケーションの実情と本音。約60%の人が、企業内における社内コミュニケーションの取り組みについて失敗をしていると考えているようだ。またその理由については、約64%の回答者が「管理職と一般社員のコミュニケーション問題」だと捉えていることが分かる。ではその改善策とは何かをまとめた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-08-31-003-index.top.jpg
社内コミュニケーションの実情と本音。約60%の人が、企業内における社内コミュニケーションの取り組みについて失敗をしていると考えているようだ。またその理由については、約64%の回答者が「管理職と一般社員のコミュニケーション問題」だと捉えていることが分かる。ではその改善策とは何かをまとめた。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る