【特別企画】

"先端的生産管理を実現"自動車部品製造業向け生産管理セミナーに学ぶ - QCDの真髄を極め生き残る術とは

[2015/06/22 09:10] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

昨今の自動車部品製造業界には、OEMメーカーによる「部品の標準化」「品質要求の高度化」「調達先の絞り込み」「グローバルでの現地調達」と云った調達戦略に対応する上で、様々な課題が存在する。これらの課題に応えるためには、QCD向上に貢献するためのしくみづくりが欠かせない。

自動車部品製造業が抱える課題

まず自動車部品製造業界が抱えるQCDの課題として、以下のような例が挙げられる。

1.受注・出荷の課題:なくならない内示と確定のブレ
2.計画の課題:目的に応じた計画ロジックの必要性
3.原価の課題:製品別の原価が不明瞭
4.品質の課題:高度化する品質要求への対応
5.連携の課題:システム間連携が取れず現場への負担が増大

これを解決するためのひとつとして、1995年から連続で国内トップシェア(※)を誇り、約750社の導入実績を持つPLM(ProductLifecycle Management)ソリューションが○○○○○である...

<続きはPDFで ⇒ ダウンロードはこちら

※(株)テクノ・システム・リサーチ「2014年機械系CAD/PLM関連ビジネス市場分析調査」(2014年3月)調べ

自動車部品製造業における先端的生産管理を実現するソリューションとは


本稿で紹介している、NECネクサソリューションズによる『QCDの真髄を極めて生き残る!自動車部品製造業における先端的生産管理を実現するソリューションとは』の、PDF形式のホワイトペーパーを無償で配布しています。

⇒ホワイトペーパーをダウンロード

(マイナビニュース広告企画:提供 NECネクサソリューションズ)

597
2
"先端的生産管理を実現"自動車部品製造業向け生産管理セミナーに学ぶ - QCDの真髄を極め生き残る術とは
2016-06-01 14:10:03
昨今の自動車部品製造業界には、OEMメーカーによる「部品の標準化」「品質要求の高度化」「調達先の絞り込み」「グローバルでの現地調達」と云った調達戦略に対応する上で、様々な課題が存在する。これらの課題に応えるためには、QCD向上に貢献するためのしくみづくりが欠かせない。本記事では、自動車部品製造業界が抱えるQCDの課題と、それを解決するNECネクサソリューションズが提供するソリューションについて解説する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-06-22-001-index.top.jpg
昨今の自動車部品製造業界には、OEMメーカーによる「部品の標準化」「品質要求の高度化」「調達先の絞り込み」「グローバルでの現地調達」と云った調達戦略に対応する上で、様々な課題が存在する。これらの課題に応えるためには、QCD向上に貢献するためのしくみづくりが欠かせない。本記事では、自動車部品製造業界が抱えるQCDの課題と、それを解決するNECネクサソリューションズが提供するソリューションについて解説する。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る