【特別企画】

ITから経営ITへ! 企業成長を手助けするための経営インフラとIT部門の役割 - リアルタイムクラウド経営基盤

[2015/04/14 12:16] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション
  • ● 関連キーワード
  • ERP
  • 財務管理

業務アプリケーション

現在の組織には、常に変化するビジネスニーズに柔軟に対応できる財務管理ソリューションが求められている。しかし、技術の発達により様々なソリューションが氾濫し、問題を抱える担当者にとっては解決策を手にするチャンスが広がる一方、いったいどのソリューションを選んだらよいのかという新たな悩みが出てきてはいないだろうか。

そこで本稿では、IT部門として経営成長に寄与できるトレンドのソリューションを紹介したい。今回、紹介するのは"リアルタイムクラウド財務管理"のNetSuite ERPである。ITコストを50%以上削減 *1 しているという実績値も然ることながら、決算処理を20%~50%高速化 *1 するなど、経営に直結する数字の可視化を迅速化することで、ITは単に保守を行う部門から経営基盤を築く戦略部門へトランジションするとNetSuiteは示唆している。

さらに、導入した各組織は、ITコスト管理、会計効率の最適化、受注管理と調達プロセスの合理化、手作業の表計算レポートを排除、そして従業員の生産性向上が可能になるという。いったいどういうことなのだろうか。現在、詳細をまとめたホワイトペーパーを配布中なので、ぜひ、ダウンロードして確認していただきたい。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください
*1 出典: Nucleus Researchおよび Hurwitz & Associates

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
587
2
ITから経営ITへ! 企業成長を手助けするための経営インフラとIT部門の役割 - リアルタイムクラウド経営基盤
2017-09-07 10:49:20
現在の組織には、常に変化するビジネスニーズに柔軟に対応できる財務管理ソリューションが求められている。しかし、技術の発達により様々なソリューションが氾濫し、問題を抱える担当者にとっては解決策を手にするチャンスが広がる一方、いったいどのソリューションを選んだらよいのかという新たな悩みが出てきてはいないだろうか。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-04-14-002-index.top.jpg
現在の組織には、常に変化するビジネスニーズに柔軟に対応できる財務管理ソリューションが求められている。しかし、技術の発達により様々なソリューションが氾濫し、問題を抱える担当者にとっては解決策を手にするチャンスが広がる一方、いったいどのソリューションを選んだらよいのかという新たな悩みが出てきてはいないだろうか。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る