【特別企画】

セキュアで利便性の高いテレワーク環境を早期に構築する。その方法とは?

[2020/04/06 09:00] ブックマーク ブックマーク

利便性とセキュリティを両立したテレワーク環境

利便性とセキュリティを両立したテレワーク環境。その詳細は、PDFから確認頂きたい。

テレワークに対応した業務環境を整備することが、各組織において急務となっている。ただ、既存のオンプレシステムを前提にこれを進める場合、相応の期間とコストがかかる。社内システムへセキュアにアクセスするために、リモートデスクトップやVDIなどの比較的規模の大きな開発が必要となるからだ。クラウドを有効に活用することで、社員にとって利便性が高く、なおかつセキュアなテレワーク環境をすぐに用意することができる。本稿では「Box」と「idaptive」、「Cisco Umbrella」、この3つのサービスを利用した、利便性とセキュリティを両立したテレワーク環境を紹介する。

> > 詳細はダウンロード資料からご覧ください

クラウドサービスで利便性とセキュリティを兼ね備えた
テレワーク環境を構築

業務効率を落とすことのないテレワーク環境を用意する。ここにあたって重要となるのが、社内外問わず必要なデータへアクセスすることのできる環境の構築だ。

「Box」は市場において高い存在感を築いているファイル共有プラットフォームだが、その最大の特徴は「法人向けに開発されている」ことにある。同種のサービスにはないセキュアなデータ共有が可能なほか、他のクラウドサービスと連携したり保存データの世代管理ができたりなど、業務に必要な機能のほとんどを実装。ログの記録やファイル単位の権限設定も可能なため、機密情報の取り扱いにも耐えうる。

「Box」は、テレワークで求められる様々な機能を備えている

「Box」は、テレワークで求められる様々な機能を備えている

業務に必要なデータにどこからでもアクセスできるため、「Box」単体でみても、テレワークの軸として十分に機能してくれる。もしグループウェアやワークフローなど他の業務システムでクラウドを利用しているならば、システムを連携してより社内に近しいテレワーク環境を用意することが可能だ。その際に有用なのが、「idaptive」「Cisco Umbrella」である。

クラウド型IDマネジメントサービスの「idaptive」とインターネットアクセスの入り口を防御する「Cisco Umbrella」、これらをどのように活用すれば、利便性とセキュリティを兼ね備えたテレワーク環境が用意できるのか。ダウンロード資料では、今述べた3つのサービスを取り扱う三井情報のインタビューのもと、この点について解説している。テレワーク環境の早期構築を検討の方にはぜひご覧いただきたい。

提供資料のご案内

取材レポート
利便性とセキュリティを両立したテレワーク
実現の鍵を握る3 つのソリューションとは

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:三井情報

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
ミッションステートメント
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る