【特別企画】

IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を

[2013/12/25 16:32] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

小規模な企業にも文書管理の電子化を広めたい

「まいきゃびWorkflow」は、IBM Notes/Domino 6~9までと連携できるワークフロー管理製品である。「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」といえば、言うまでもなく世界中で5万以上の組織が活用するグループウェアの代名詞的な存在だ。そして「まいきゃびWorkflow」開発・販売元のキーウェアグループは、Notesが登場した翌年の1994年と早い時期からNotes関連のビジネスを手がけてきた実績を持つ(当時の社名は日本電子開発)。「まいきゃびWorkflow」は、同社の20年近いNotesビジネスの経験を通してユーザーのニーズを吸収しながら、小規模な企業でも文書管理の電子化を手軽に実現できるよう工夫されている。

「Notes/Dominoを導入しても、メールやスケジュール管理機能だけしか使っていないのではもったいない。かといって、アプリケーションをユーザー企業が自作するやり方は将来的に保守を続けられなくなる問題に直面します。承認ワークフローを手軽に導入したいと考えるお客様にちょうど良い製品が『まいきゃびWorkflow』なのです」と、同製品のサポートを担当するキーウェアサービス営業部チーフの高橋達義氏は話す。

導入企業が感じている「まいきゃびWorkflow」の導入メリットは......

<続きはPDFで ⇒ ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

内容一覧

  • 約200社の導入実績 帳票カスタマイズにも柔軟に対応
  • モバイル環境から未決裁書類を確認、文書の電子化で効率化とルール徹底
  • 身近な帳票から始められる敷居の低さ、100種類の帳票を管理できる適用範囲の広さ

出張中でもスマートデバイスから利用可能
IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローが手軽に実現

本稿で紹介している、マイナビニュース取材、キーウェアサービス株式会社協力による『出張中でもスマートデバイスから利用可能 - IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローが手軽に実現』のホワイトペーパーを無料で配布しています。

Notes/Dominoを導入しても、メールやスケジュール管理機能だけしか使っていない方、承認ワークフローを手軽に導入したいと考えている方は、ぜひご一読をお勧めします。

⇒ホワイトペーパーPDFダウンロード

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
451
2
IBM Notes/Dominoと連携した承認ワークフローを手軽に実現する - 文書の電子化で効率化とルール徹底を
2017-09-07 10:49:21
「まいきゃびWorkflow」は、IBM Notes/Domino 6~9までと連携できるワークフロー管理製品である。「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」といえば、言うまでもなく世界中で5万以上の組織が活用するグループウェアの代名詞的な存在だ。そして「まいきゃびWorkflow」開発・販売元のキーウェアグループは、Notesが登場した翌年の1994年と早い時期からNotes関連のビジネスを手がけてきた実績を持つ(当時の社名は日本電子開発)。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-12-25-003-index.top.jpg
「まいきゃびWorkflow」は、IBM Notes/Domino 6~9までと連携できるワークフロー管理製品である。「IBM Notes/Domino(以下、Notes/Domino)」といえば、言うまでもなく世界中で5万以上の組織が活用するグループウェアの代名詞的な存在だ。そして「まいきゃびWorkflow」開発・販売元のキーウェアグループは、Notesが登場した翌年の1994年と早い時期からNotes関連のビジネスを手がけてきた実績を持つ(当時の社名は日本電子開発)。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る