【特別企画】

経営層と従業員の双方に意識変革をもたらすツールが、働き方改革を成功へ導く

[2019/04/19 09:15] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション

業務アプリケーション

安易な残業依存体質から脱却するには? ただ「残業するな」と指示を出すだけでは不十分

⇒ PDFのダウンロードはこちら

働き方改革に取り組んでいる企業は増えているが、その本質を理解し、企業と従業員の双方がメリットを感じているケースは、決して多くないのが現状だろう。

企業側が「残業ゼロ」を掲げたとしても、従業員側は「残業代が減る」「残った仕事を退社後に行う」といったデメリットしか感じていないケースも珍しくない。

働き方改革を成功させるためには、企業側(経営層)がその真の目的を理解することに加え、従業員側の意識改革も必要といえる。

本稿からダウンロードできる資料では、人的資源管理を専門とし、新・ダイバーシティ経営企業100選運営委員会の委員長を務める、中央大学大学院戦略経営研究科教授の佐藤博樹氏による「働き方改革の本質」が確認できる。

いま求められる働き方改革を強力に支援するサービスとは?

本資料で重要なキーワードとして挙げられている「メリハリ」は、効率化によって空いた時間を有効に活用するための生活改革の実現、すなわち従業員の意識改革において大きな意味を持つ。

さらに、企業側が「ダイバーシティー経営」の土台を構築することも重要で、環境に慣れていない中途入社の従業員や外国人、介護・子育てなどでフルタイムの勤務が難しい従業員が、十分にその力を発揮できる環境の整備、そのためのルール作りが求められることを本資料では力説している。

やはりこれからのビジネスにおいて、業務効率の改善や生産効率のアップ、従業員のモチベーション向上といった効果はきわめて重要な意味を持つだろう。

その実現には、ビジネスモデルや評価基準の見直しなど、企業経営そのものの改革が求められるが、経営層と従業員の双方に変革をもたらすツールとしてピックアップしたのが、名刺管理サービス「Sansan」だ。

ビジネスのやり取りで不可欠な名刺を価値ある資産に変える同サービスが、働き方改革の実践においてどのような役割を果たすのか、ぜひ本資料をダウンロードして確認していただきたい。

提供レポートのご案内

「残業するな」は逆効果!?
正しい「働き方改革」とは。

  • 経営層の急務は目的の共有と意識改革
  • 全ての社員を適材適所で活躍させる それが「ダイバーシティー経営」
  • 働き方改革の本質を理解して企業経営を成功へと導く
  • 名刺を企業の資産に変える

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:Sansan

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る