【特別企画】

シオノギ製薬の成功事例に見る、モバイル時代のコラボレーション基盤! その効果とは!?

[2013/10/28 07:00] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

いま、ユニファイドコミュニケーションが求められる理由とは

グローバル化が進み、多くの企業では国内外の拠点との迅速なコラボレーションが求められていることから、昨今その必要性が叫ばれているのが「ユニファイドコミュニケーション(UC)」だ。UCとは、メールや電話、ウェブ、ビデオなど多様なコミュニケーションツールを統合し、シームレスに連携させることで、時間や場所、デバイスを選ぶことなく、必要な相手とつながる仕組みを指す。

医療用医薬品を主とする製造販売メーカーの老舗、シオノギ製薬。同社では、グローバルでのコラボレーションを促進する基盤として、インターコールの会議サービスを全社的に活用している。

シオノギ製薬が導入しているのは、コンテンツの共有も可能なWeb会議プラットフォームの「WebEx」と電話会議サービス。同社では過去に別のWeb 会議システムも使用していたが、部署ごとにシステムが異なっていることで部門間のコミュニケーションに支障が生じるとともに、コスト面でも問題があった。そこで、インターコールの会議サービスへと統一化を図ったのである。

シオノギ製薬のITサービスを担う、シオノギ総合サービス株式会社の情報マネジメント事業部長、竹田幸司氏に、導入効果について具体的な話を聞いた。

 ⇒シオノギ製薬の導入事例はホワイトペーパーをダウンロード!

『モバイル時代のUCに最適な会議サービスを考える。事例に見る、これからの企業に求められるコラボレーション基盤』と
『会議サービスを活用し、グローバルでのコラボレーションを促進するシオノギ製薬』のホワイトペーパーを無償配布中


本稿で紹介している、インターコールによる『モバイル時代のUCに最適な会議サービスを考える。事例に見る、これからの企業に求められるコラボレーション基盤』と『会議サービスを活用し、グローバルでのコラボレーションを促進するシオノギ製薬』のホワイトペーパーを無償で配布しています。

「使い勝手がよくコスト削減を実現する会議サービスを探している」「会議サービスを活用している企業の実態を知りたい」といった方々に、ぜひご一読をお勧めします。

 ⇒ホワイトペーパーダウンロードへ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
429
2
シオノギ製薬の成功事例に見る、モバイル時代のコラボレーション基盤! その効果とは!?
2017-09-20 11:19:21
グローバル化が進み、多くの企業では国内外の拠点との迅速なコラボレーションが求められていることから、昨今その必要性が叫ばれているのが「ユニファイドコミュニケーション(UC)」だ。UCとは、メールや電話、ウェブ、ビデオなど多様なコミュニケーションツールを統合し、シームレスに連携させることで、時間や場所、デバイスを選ぶことなく、必要な相手とつながる仕組みを指す。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-10-28-001-index.top.jpg
グローバル化が進み、多くの企業では国内外の拠点との迅速なコラボレーションが求められていることから、昨今その必要性が叫ばれているのが「ユニファイドコミュニケーション(UC)」だ。UCとは、メールや電話、ウェブ、ビデオなど多様なコミュニケーションツールを統合し、シームレスに連携させることで、時間や場所、デバイスを選ぶことなく、必要な相手とつながる仕組みを指す。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る