【特別企画】

日本初の軽減税率導入に向けた対応、準備は万全ですか?

[2019/02/06 11:00] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション

業務アプリケーション

2度の延期を経て、2019年10月1日から消費税率が8%から10%に引き上げられるとともに、日本において初めて”軽減税率”が導入される。特定の商品のみ消費税率を下げる制度のことで、たとえば飲食料品(外食を除く)や週2回以上発行される定期購読契約に基づく新聞の購読料については軽減税率8%が適用される予定だ。

この税率の改正に対しては慎重に対応する必要がある。経理部門だけでなく、価格決定権を有する営業部門など関係者が多岐に渡るのに加えて、業務プロセスや会計システムをはじめとした、ITシステムへの影響も大きい。企業内でプロジェクトチームをつくり、しっかりとスケジュールを立て、適用準備を進めることが望ましい。

たとえば、対応すべき項目の中で「影響業務の洗い出し」というものがある。飲食料品ひとつとっても、持ち帰りと店内飲食(外食)の税率は違う。自社の業務の中で、軽減税率対象品目を取り扱うものがどの程度があるか、洗い出しが必要となる。改正時にスムーズに対応できるような準備ができている、と自信を持って言える企業は少ないのではないだろうか。

消費税の税制改正の適用がまだまだ先のことであると考えていた方には、本稿がしっかりとした準備を始めるきっかけになれば幸いだ。

提供レポートのご案内

会計制度の変更に備えよう。軽減税率導入に向けた対応は大丈夫?

≪目次≫

  • 軽減税率導入に向けて対応するべきこと
  • 1,影響業務の洗い出し
  • 2,関係者への教育
  • 3,システム対応
  • 4,価格体系の見直し
  • 5,その他
  • 最後に

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:NECネクサソリューションズ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
ソフトウェア開発自動化入門
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
[解説動画] Googleアナリティクス入門講座
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る