【特別企画】

使い慣れた環境そのままに:設計変更をリアルタイムに反映、VRデザインレビューの常識を覆す第4の選択肢

[2019/01/31 08:30] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション

業務アプリケーション

企画や構想設計など、製品開発の初期段階において複数の関係者を交えて行われる「デザインレビュー」が大きく変わろうとしている。VR(仮想現実)技術を活用したデザインレビューだ。実際に試作品を作ることなく、3Dデータを基にバーチャル空間上でデザインレビューが行えるため高い関心を集めているが、高額な導入コスト、データ変換の手間、設計変更の手戻り(待ち時間)といった課題もあるため、導入に踏み切れない現場も少なくない。こうした従来の課題をクリアし、もっと手軽に、安価に導入できるソリューションはないだろうか?

VR(Virtual Reality)は、モノづくりにおける中核技術としての進化が期待されている。実際の試作品や製品が用意できない状況でも、3Dデータを基に実物と同じ感覚で構造やデザインの確認が行えるのは、企画や設計、営業などの現場にとって非常に心強い。経営層や顧客に新しい製品の魅力を伝えたり、試作品の完成を待たずして関係者間で密なコミュニケーションが行えたり、正確な設計をスピーディに実現して試作回数を削減したりできるためだ。

モノづくりの現場で活用されているVR技術は、大きく「専用ソフト」「対応ソフト」「ゲームエンジン」「フッキング」の4つに分類できる。

専用ソフトは、VR環境で3Dモデルの制作や表示を行うことを主目的として開発されたデザイン/モデリングツールだ。VR空間上に直接デザインを描けるクリエイター向けのソフトウェアも存在する。昨今では、さまざまなベンダーが参入してツールが開発されているが、デバイス側の対応がまだ十分だとは言い切れない。

既存の3D CAD/モデリングツールに、VR用のアドオンを追加する対応ソフト型も多い。あくまでもデザインやモデリングの作業はPCのディスプレイ上で行い、出来上がった3Dモデルを出力して、VR空間上で表示することをメインとした+α(おまけ)的な機能が大半である。

さらに、VRコンテンツ開発の分野で早期に実用化されたゲームエンジン(Unityなど)も製造業で活用が進んでいる。グラフィックスや物理シミュレーションなどの開発環境が統合されているのが利点だ。製造現場用のトレーニングやショールームなど、”あまり変更のない”コンテンツを制作するのには適しているが、頻繁に変更が発生する製品設計などには活用しにくい。

そこで注目なのが”第4のVR技術”といわれる「フッキング」である。

製造業におけるVR活用でフッキングがなぜ有効なのか? そして、フッキング技術によるVRが従来のデザインレビューに与えるインパクトとは?SCSKが展開する革新的なソリューションの魅力を交えながら、ホワイトペーパーで詳しく紹介しよう。

提供レポートのご案内

使い慣れた環境そのままに:
設計変更をリアルタイムに反映、VRデザインレビューの常識を覆す第4の選択肢

≪目次≫

  • 使い慣れた環境のまま、安価かつ迅速に導入できるフッキング技術とは?
  • 編集中の3DモデルをVR空間で共有し、リアルタイムに修正内容を反映できる
  • “見る”だけではない、”コラボレーション”のための豊富な機能も!
  • 導入事例も多数、働き方改革の一環としても現場に貢献するVDR

>> PDFのダウンロードはこちら

[PR]提供:SCSK

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします

会員登録(無料)

注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
[解説動画] 個人の業務効率化術 - 短時間集中はこうして作る
知りたい! カナコさん 皆で話そうAIのコト
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
対話システムをつくろう! Python超入門
Kubernetes入門
AWSで作るクラウドネイティブアプリケーションの基本
PowerShell Core入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る