【特別企画】

業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE

[2013/05/13 09:18] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

モバイルデバイス活用の" 次の一手"

近年、企業におけるモバイルデバイス活用の需要が拡大しているが、その目的として一番大きいのがコミュニケーションの強化だろう。外出先で手軽にメールの送受信が可能なほか、グループウェアを活用すれば社内のデータの閲覧・編集、必要に応じての報告書の作成・提出までモバイルデバイスから行える。このように、今まで社内の端末に縛られていた作業が、外出先から済ませられるメリットは大きい。たとえば、営業担当者なら空いた時間で顧客の訪問数が増やせるし、情報共有のリアルタイム性も増す。

V-CUBEの豊富な利用シーン、活用方法

こうした取り組みの中で特に導入が進んでいるのが、企業の"見えるコミュニケーション"を実現する、クラウド型サービス「V-CUBE」シリーズだ。Web会議市場でシェアNO.1(※)の「V-CUBE ミーティング」は、モバイルデバイスを使うことで従来の"Web会議"でイメージされる拠点間会議での利用にとどまらず、顧客サポート、商談での活用などコスト削減ではない業務効率化の実現につながっている。また、モバイルデバイスからも参加可能で、社内研修や全社への情報共有などで活用されている双方向性の高い「V-CUBE セミナー」も企業の生産性向上に貢献している。

それでは、実際にV-CUBEシリーズを導入して業務効率化を実現させた企業の活用例を見ていこう。

業務効率化を実現させた企業の活用例とは・・・

<続きはPDFで ⇒ V-CUBEのホワイトペーパーはこちら

業務効率化を実現させた企業の活用例を確認する
V-CUBEのホワイトペーパーを無料提供中

本稿で紹介している、『モバイル連携で"見えるコミュニケーション"を「V-CUBE」』(株式会社ブイキューブ提供)のPDFを無償で配布しています。下のリンクからアンケートページに進んでいただき、アンケートにお答えいただいたあとにダウンロードできます。

⇒PDFダウンロード

(※)株式会社シード・プランニング「2013 ビデオ&オーディオコミュニケーションの最新市場動向」

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
384
2
業務効率化を実現させたモバイルデバイス活用例とは - V-CUBE
2017-09-20 11:19:21
近年、企業におけるモバイルデバイス活用の需要が拡大しているが、その目的として一番大きいのがコミュニケーションの強化だろう。外出先で手軽にメールの送受信が可能なほか、グループウェアを活用すれば社内のデータの閲覧・編集、必要に応じての報告書の作成・提出までモバイルデバイスから行える。このように、今まで社内の端末に縛られていた作業が、外出先から済ませられるメリットは大きい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2013-05-13-001-index.top.jpg
近年、企業におけるモバイルデバイス活用の需要が拡大しているが、その目的として一番大きいのがコミュニケーションの強化だろう。外出先で手軽にメールの送受信が可能なほか、グループウェアを活用すれば社内のデータの閲覧・編集、必要に応じての報告書の作成・提出までモバイルデバイスから行える。このように、今まで社内の端末に縛られていた作業が、外出先から済ませられるメリットは大きい。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る