【特別企画】

ROIでは計りきれない"グループ共通基盤"の実力とは?

[2018/03/30 18:50] ブックマーク ブックマーク

  • 業務アプリケーション

業務アプリケーション

加速度的に進むデジタルトランスフォーメーションにより、企業のビジネス環境は日々目まぐるしく変化を続けている。企業はこうした状況に対し、柔軟かつ迅速に、さらにグループ会社や関連会社を持つ企業にとっては、これらも巻きこんだうえで、環境の変化に対応しなければならない。

そのためには、ビジネス環境の変化に機敏に対応できるだけでなく、グループ会社、関連会社とも連携した横断的なIT基盤の構築が不可欠となってくる。

共通基盤の構築で、より多くの経営資源を獲得

“グループ共通基盤”が土台となる付加価値

⇒ PDFのダウンロードはこちら

必要とされるニーズに対応するためとはいえ、グループ会社を包括したIT基盤の構築には当然大きなIT投資を必要とする。

そして、大きな投資となればなるほど、それに対する見返り、いわゆるROI(投資対効果)を厳しく求められることは当然のながれとなる。

しかし、”グループ共通基盤”の構築によるメリットをこれだけで語ることはできない。

まず会計、人事など各種の業務システムを同一基盤上で運用管理することでTCO(総保有コスト)を抑制することができ、一元管理された強固な連携により集積されたデータをスピーディに分析・活用することが、新たなビジネスチャンスのタネになるなど、単純なROIだけでは計りきれない多くの付加価値を生む源となる。

豊富なノウハウから生まれたソリューションブランド『imforce』

このように、企業に数多くのメリットをもたらす”グループ共通基盤”だが、システム基盤とそこで運用する各種システムの再構築は決して容易ではない。

そこで本項では、多くの企業で採用されるシステム共通基盤「intra-mart」と、その基盤上で利用できるERPパッケージ「Biz∫(ビズインテグラル)」を活用し、多くの企業に”グループ共通基盤”の導入を行い、そこで得た豊富なノウハウをサービス化したNTTデータビジネスシステムズのソリューションブランド
『imforce(インフォース)』を紹介している。

NTTデータビジネスシステムズが持つ多くの導入実績・豊富なノウハウから生まれたソリューションブランド『imforce』。

IT基盤の統合・再構築を検討している担当者には、きっと魅力的な選択肢となることだろう。

[PR]提供:NTTデータビジネスシステムズ

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3599
2
ROIでは計りきれない"グループ共通基盤"の実力とは?
2018-04-02 19:33:05
加速度的に進むデジタルトランスフォーメーションにより、企業のビジネス環境は日々目まぐるしく変化を続けている。企業はこうした状況に対し、柔軟かつ迅速、さらにグループ会社や関連会社を持つ企業にとっては、これらも巻きこんだうえで、環境の変化に対応しなければならない。
https://news.mynavi.jp/itsearch/assets_c/2018/03/nttdbs02-thumb-200xauto-18189.jpg
加速度的に進むデジタルトランスフォーメーションにより、企業のビジネス環境は日々目まぐるしく変化を続けている。企業はこうした状況に対し、柔軟かつ迅速、さらにグループ会社や関連会社を持つ企業にとっては、これらも巻きこんだうえで、環境の変化に対応しなければならない。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る