【特別企画】

リアルタイムでの在庫管理を実現! 倉庫業務の効率化を販売管理システムが実現

[2017/10/17 08:30] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

在庫品の中から注文されたものを探しだし、納期に間に合うように発送する倉庫業務。在庫品の数量・品質の管理から出荷報告はもちろん、近年ではトレーサビリティへの対応など手がける業務の範囲がひろがり、内容も複雑化している。しかし倉庫現場では合理化・ICT化が後回しにされがちで、アナログな運営がなされているケースも多いという。裏を返せば、削減できる手間やコストがまだまだあるかもしれないということだ。

本稿では、倉庫業務での業務効率化に貢献するICTソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。

データをシームレスに連携、入力作業も円滑化

全社的な業務を支援する「きらら」だが、この資料では上述の通り、倉庫業務を効率化する機能や活用方法に焦点を当てて解説。「倉庫への出荷指示に紙のFAXを利用しており、業務が煩雑」「出荷業務に加えて、日々、在庫確認の電話対応などに追われている」「うっかり発注タイミングを逃し、在庫切れを起こすことがある」といった、倉庫ならではの具体的な課題をピックアップし、それらが「きらら」の導入によってどう解決するか、どんな効果が期待できるかを説明している。

「きらら」は企業の基幹システムとして社内各部署のデータを統合するだけでなく、データを柔軟に連携させる仕組みを備えており、倉庫業務での課題解決にもこの特長が有効に機能する。たとえば本社の受注担当者が行った受注入力に応じて、実在庫数・引き当て数がリアルタイムかつ正確に更新される。そのため急な在庫確認があった場合にも、スタッフが倉庫へ出向く必要はなくなり、時間のロスを減らせるという。

資料にはほかにも、ピッキングの効率化や製造管理に便利な機能・利用法が紹介されている。倉庫業務のご担当のみならず、営業・販売部門や経営層の方々にも、ぜひご一読いただきたい。

提供資料のご案内


スピーディに業務・経営を支援! 高い操作性と将来性を誇る統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」
③倉庫での適正在庫管理を実現

≪目次≫

  • 【導入前の課題】刻々と変わる在庫状況、求められるトレーサビリティ(追跡可能性)
  • 【導入後の効果①】データ加工で仕事が効率化
  • 【導入後の効果②】在庫の補充時期や、滞留在庫が把握できる
  • 【導入成果】時間と気持ちにできた余裕で、新たな営業支援を
  • 【その他の機能・特長】シンプルな製造管理 ※TypeIIIに搭載
  • 【まとめ】

[PR]提供:富士通マーケティング

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3006
2
リアルタイムでの在庫管理を実現! 倉庫業務の効率化を販売管理システムが実現
2017-10-17 08:33:04
本稿では、倉庫業務での業務効率化に貢献するICTソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2017/10/16/tokki_fjm_3_index.top.jpg
本稿では、倉庫業務での業務効率化に貢献するICTソリューションとして、富士通マーケティングの統合基幹業務パッケージ「GLOVIA きらら 販売」(以下、『きらら』)をとり上げた資料を紹介する。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る