【特別企画】

トヨタグループが直面した3つの課題 - 業務プロセスの改善は、現場主体の予算執行管理とペーパーレス化がカギ!?

[2016/03/28 08:23] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

テレマティクス(自動車などの移動体通信サービス)やITS(高度道路交通システム)など、トヨタのクルマにおけるIT技術研究を担うのがトヨタIT開発センターだ。 そんな同社には、3つの課題があった。

☑予算執行に関する手作業・手集計等の業務負荷
☑海外、社外拠点からの稟議/経費業務を可能とする環境整備
☑低コスト、短納期でのIT基盤構築

→同社が導入し、課題を解決した会計システムを確認したい方は。

研究者・技術者の業務負担に悩むトヨタIT開発センター

「稟議をリアルタイムに把握し、予算執行をスムーズにしたい」そんな悩みをもつトヨタIT開発センターは、経費精算処理でも煩雑さによる社内問題が深刻な状況だった。 その問題を一挙に解決したのが、「会計フロント for Biz∫」だ。

業務負担課題を解決したフロントシステム

国内4,000社超の導入実績を誇るワークフロー基盤システム「intra-mart」。ワークフロー市場分野において、高い実績を誇る同システムへの信頼性は極めて高い。 そんな「intra-mart」基盤上で開発された稟議・経費系を中心としたフロントシステムが「会計フロント for Biz∫」だ。

※「会計フロント for Biz∫」は、2016年度第一四半期にBiz∫ソリューション(NTTデータビズインテグラル)の正式ラインナップ化を予定。名称は「Biz∫フロント」。

その驚くべき導入成果と、何故「会計フロント for Biz∫」を選んだのか? その理由を聞いた。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードは以下より

(マイナビニュース広告企画:提供 NTTデータビジネスシステムズ)

1309
2
【特別企画】トヨタグループが直面した3つの課題 - 業務プロセスの改善は、現場主体の予算執行管理とペーパーレス化がカギ!?
2016-06-07 16:00:02
テレマティクス(自動車などの移動体通信サービス)やITS(高度道路交通システム)など、トヨタのクルマにおけるIT技術研究を担うのがトヨタIT開発センターだ。そんな同社には、3つの課題があった。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/03/25/toyota/index.jpg
テレマティクス(自動車などの移動体通信サービス)やITS(高度道路交通システム)など、トヨタのクルマにおけるIT技術研究を担うのがトヨタIT開発センターだ。そんな同社には、3つの課題があった。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る