【特別企画】

走行する全ての自動車に当社の金型を使いたい! 名古屋発企業の目標と、それを支える業務システムとは?

[2016/03/24 08:44] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

名古屋精密金型は海外事業所2拠点、国内事業所3拠点を展開する車両用のプラスチック金型を製造する企業だ。「中国やアメリカで作られて走っているすべての自動車に、当社の金型で出来たランプやライトがついている」という目標を掲げる同社。しかしそこには、2つの課題があった。

☑老朽化した業務システムの刷新
☑生産管理・工程管理を的確に行ない、国内外拠点の状況を正確に把握

→同社が導入し、課題を解決した生産管理システムを確認したい方は。


「中部IT経営力大賞2015」大賞を受賞した業務システム

工程管理を適切に行なっていくため、データを一元管理した生産管理システムを構築・運用する。同社が新たな業務システムを導入する際、重視した機能だった。 そして選定されたのが「Usolia製造業向けシステム(VJit)」。その効果は生産管理・進捗管理はもちろん、業務分担による残業時間の圧縮も可能とした。

そうした成果により、中部IT経営力大賞実行委員会が選ぶ、優れたIT経営の成功事例である「中部IT経営力大賞2015」を見事受賞した。

この業務システムをもっと知りたい方は、以下資料のダウンロードを。

製造業向け生産管理システム(VJit)

■名古屋精密金型様導入事例
業務に合わせたカスタマイズで生産管理を実現
国内外拠点への柔軟な人員配置が可能に!

・導入の背景
・導入のポイント
・導入後の効果と今後の展望

■製造業向け生産管理システム(VJit)製品カタログ
・機能概要図
・6つの特長
・入出力一覧

⇒ホワイトペーパーをダウンロードする

(マイナビニュース広告企画:提供 内田洋行ITソリューションズ)

1234
2
【特別企画】走行する全ての自動車に当社の金型を使いたい! 名古屋発企業の目標と、それを支える業務システムとは?
2016-03-24 09:17:01
名古屋精密金型は海外事業所2拠点、国内事業所3拠点を展開する車両用のプラスチック金型を製造する企業だ。同社を悩ます2つの課題とは?
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/03/10/uchida/index.jpg
名古屋精密金型は海外事業所2拠点、国内事業所3拠点を展開する車両用のプラスチック金型を製造する企業だ。同社を悩ます2つの課題とは?

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る