【特別企画】

約3割が未対応!?現状を打破するマイナンバー制度対策 - ベンダーの3つの選定基準とは?

[2016/02/03 11:14] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

2016年1月1日からマイナンバー法が利用開始された。去年の5月にまとめられたデータによると、約3割の企業がマイナンバー制度対策に未対応という状況だったが、そこから半年以上が経過している今も、依然としてその傾向は続いているようだ。そこで今回、各企業がマイナンバー制度対策について出遅れている理由をアンケート結果から見いだしつつ、その解決方法やベンダーの選定基準について資料としてまとめた。

未対応の企業は「マイナンバー制度対策」で何をするべきか分かっていない。

マイナンバー制度対策検討中企業のソリューション導入が進まない「3つのポイント」
1:そもそも企業がマイナンバーにメリットを感じていない
2:マイナンバー制度をよく理解していない。システム対策の必要性を感じていない
3:1、2のような低いモチベーションにも関わらず、コストや工数がかかってしまう

→マイナンバー制度対策における上記3点を含めた課題を解決するためのベンダーの選定基準や解決方法について、企業の担当者には、ぜひ下記の資料を一読いただきたい。

資料ダウンロードはこちら

マイナンバー制度が2016年1月1日に利用開始された。しかし、マイナンバー制度対策が未対応の企業はまだまだ多いという。では、なぜ未対応の企業がこんなにも多いのか。

担当者からよく聞く声として、「何をすべきか分からない」「メリットを感じない」「導入検討へ手が回らない」この3点が多く挙げられる。それと併せて、同業他社の導入を参考にしてから対応したいという話だ。これではマイナンバー制度対策が企業の標準として浸透することは当分の間無いように見受けられる。 結局のところ "対応が面倒"なのだろう。ただし、マイナンバー制度は罰則付きであり、違反することで、会社の信用問題にも成りかねない事態となる。つまり避けては通る事のできない問題だ。

企業のマイナンバー制度対策が進まない状況を打破するためには、効率的におのおのの企業に合ったマイナンバー制度対策を提案してくれるベンダーを見つけることが重要だ。そのベンダーにすべて任せることができれば、これらの課題は解決できるだろう。

マイナンバー制度対策ベンダーの選定基準とは

企業のマイナンバー制度対策を進めるにあたって、すべて任せることのできるベンダーの選定基準について、アンケート結果から下記3点を見いだした。

マイナンバー制度対策。ベンダーの3つの選定基準
1:法改正や制度改正の豊富な対応実績
2:セキュリティー対策から業務システムまで、幅広いコンサルティング能力(ワンストップ対応力)
3:システム導入後の手厚いサポート

上記3点を抑えているベンダーであれば、企業のマイナンバー制度対策においてすべて任せても大丈夫なベンダーと言えるのではないだろうか。
今回の資料では、マイナンバー制度対策に従事しているプロが調査を元に、ベンダーに求められるポイントをまとめ、効率的に自社に合ったマイナンバー制度対策を進めるためのソリューションを紹介している。

検討はしているが導入まで至っていない企業の方は、ぜひ一読してみてはいかがだろうか。 企業のご担当者さまには、制度が利用開始されてから、まだ日が浅いうちに、こうした課題解決をしていただければと思う。

(マイナビニュース広告企画:提供 ミロク情報サービス)

タイトル数字出典:帝国データバンク
1114
2
約3割が未対応!?現状を打破するマイナンバー制度対策 - ベンダーの3つの選定基準とは?
2016-05-31 16:52:02
2016年1月1日からマイナンバー法が利用開始された。去年の5月にまとめられたデータによると、約3割の企業がマイナンバー制度対策に未対応という状況だったが、そこから半年以上が経過している今も、依然としてその傾向は続いているようだ。そこで今回、各企業がマイナンバー制度対策について出遅れている理由をアンケート結果から見出しつつ、その解決方法やベンダーの選定基準について資料としてまとめた。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2016/02/03/mainimg.jpg
2016年1月1日からマイナンバー法が利用開始された。去年の5月にまとめられたデータによると、約3割の企業がマイナンバー制度対策に未対応という状況だったが、そこから半年以上が経過している今も、依然としてその傾向は続いているようだ。そこで今回、各企業がマイナンバー制度対策について出遅れている理由をアンケート結果から見出しつつ、その解決方法やベンダーの選定基準について資料としてまとめた。

会員新規登録

初めてご利用の方はこちら

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る