マイナビニュースマイナビ
【特別企画】

古い業務システムの再生方法 - スマートデバイス対応が業務効率を改善する

[2015/12/16 15:38] ブックマーク ブックマーク

業務システムのスマートデバイス対応が必要不可欠なワケとは

業務システムのスマートデバイス刷新について考慮すべき3つのポイント
・プラットフォームとブラウザの違い
・画面サイズと向きの違い
・開発とメンテナンス性

→古いシステムをスマートデバイス対応させたいと考えている方は
ぜひこちらからご確認下さい。

PDFをダウンロードする


スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスが急速に普及したのはここ数年の出来事である。 このスマートデバイスを、業務システムのフロントエンドとして役立てようという動きが加速しているが、本当の期待は、単なる業務効率化やコスト削減にとどまらず、"会社の成長に結びつけたい"ということだろう。

ただし、この業務システムのスマートデバイス対応化には少なからず問題が発生する。それは、「セキュリティ・開発とメンテナンス性・費用」の3点になる。 「システム改修や改善による利益を算出することは難しく、決裁権を持つ方の理解を得ることができない」。逆にコスト増として否定的に捉えられることも多く、システム担当者にとってはずっと付きまとっている悩みだ。では、このような問題を乗り切り業務システムを改修するには、どうするべきなのだろうか。

企業のレガシーシステム改修に従事しているプロがまとめた資料がある。古いシステムを刷新したいが予算を確保できない方や、社内システム専任担当者がいないため、塩漬けになっている古いシステムを利用している企業の方に、是非一読いただきたい。

(マイナビニュース広告企画:提供 日本ネクサウェブ)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る