【特別企画】

いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由

[2015/11/26 18:29] ブックマーク ブックマーク

業務アプリケーション

重要性を増す「アプリケーション利用開始までの容易さと迅速さ」

直感的に操作できるSunburstグラフ

クラウド型会計システムの詳細はPDF資料でご覧下さい⇒PDFダウンロードはこちらをクリック

調査会社Dynamic Marketsが行った調査レポートによれば、世界の経営者のうち約76%が、クラウド(SaaS)アプリケーション採用における一番の動機として「迅速かつ簡単に入手するため」と回答しているという。グローバルでのビジネス展開が必須課題となりつつある昨今において、アプリケーションを利用開始するまでの容易さと迅速さは、ますます重要性を増しているといえよう。

このテーマに対しクラウド(SaaS)の採用が有効なことは、先の調査レポートからも明らかだ。特に複数の事業や拠点(海外含む)、関連会社を持つ企業にとって、会計、人事給与、生産管理、物流管理、販売管理といった企業経営の基幹を担うシステムのクラウド化は、さらにその有効性を増すと言える。 その理由について、本稿で紹介する日本オラクル提供のホワイトペーパー「最先端 ERP のグローバル会計」では、以下の4つの観点から解説している。

いま、クラウド型の会計システムを検討する4つの理由
1. Simplify:財務ビジネス・プロセスとテクノロジー要件をシンプル化
2. Accelerate:リアルタイムの情報アクセスにより、意思決定を迅速化
3. Collaborate:ソーシャル機能により、コラボレーションを活性化
4. Control:データの可視性で、余分なコストをマネージメント

→重要性を増す基幹システムのクラウド化。経営者や経理・財務部門の読者、基幹システムの導入に関与される方には、目を通していただきたい。

PDFをダウンロードする


——あわせてご覧頂きたい記事の紹介——
企業成長力の維持に必須の海外進出、そこに潜むアキレス腱 「海外の状況が見えない!」
今、海外進出企業が直面している課題とは?
⇒http://news.mynavi.jp/kikaku/2015/09/30/012/

(マイナビニュース広告企画:提供 日本オラクル)

関連リンク

1073
2
いま、クラウド型の会計システムを検討するべき4つの理由
2017-05-17 16:03:04
調査会社Dynamic Marketsが行った調査レポートによれば、世界の経営者のうち約76%が、クラウド(SaaS)アプリケーション採用における一番の動機として「迅速かつ簡単に入手するため」と回答しているという。特に複数の事業や拠点(海外含む)、関連会社を持つ企業にとって、会計、人事給与、生産管理、物流管理、販売管理といった企業経営の基幹を担うシステムのクラウド化は、さらにその有効性を増すと言える。その理由について、本稿で紹介する日本オラクル提供のホワイトペーパー「最先端 ERP のグローバル会計」では、以下の4つの観点から解説している。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/11/26/oracle002.jpg
調査会社Dynamic Marketsが行った調査レポートによれば、世界の経営者のうち約76%が、クラウド(SaaS)アプリケーション採用における一番の動機として「迅速かつ簡単に入手するため」と回答しているという。特に複数の事業や拠点(海外含む)、関連会社を持つ企業にとって、会計、人事給与、生産管理、物流管理、販売管理といった企業経営の基幹を担うシステムのクラウド化は、さらにその有効性を増すと言える。その理由について、本稿で紹介する日本オラクル提供のホワイトペーパー「最先端 ERP のグローバル会計」では、以下の4つの観点から解説している。

会員登録(無料)

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る