【特別企画】

データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」

[2015/09/29 17:25] ブックマーク ブックマーク

事業継続

「Commvault」公式サイト。Protect. Access. Comply. Share. Dataconversations are changing。単一プラットフォームでデータを取り扱う、同社ならではのメッセージが掲載されている

1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。



"Protect. Access. Comply. Share. Data conversations are changing"

(「保護」、「接続」、「適合」、「共有」。データとの対話は変わりつつある。)


同社のWebサイトに掲げられているメッセージだ。「Commvault」は、データ分析、レプリケーション、保護、アーカイブ、検索などすべての機能を単一プラットフォームで提供する。従来、複数製品を組み合わせなければ実現できなかったようなインフラがたった一つの製品だけで構築できるのである。

そんなCommvaultの豊富な機能の中でも、最近特に企業の関心を集めているのがクラウドに対応したものだ。"データ"に関わる機能を集約しているCommvaultでは当然、仮想環境を含むバックアップや、クラウドを利用したディザスタリカバリ(Disaster Recovery)の分野でも強さを発揮する。

さらに注目すべきは、「DASH Copy機能」である。データを重複排除技術してからしたまま転送するこの技術は、ネットワークにデータを流す前にリハイドレーション (= 重複排除したコピーを取り出し、元の形に戻す処理) を行う必要がない。これにより、ユーザーに余計な時間や費用を掛けることなく、ネットワークに流れるデータ転送量をも最小限に抑えることできるため、データ保護に劇的な改革をもたらすのだという。

< 詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら >

(マイナビニュース広告企画:CommVault Systems Japan株式会社)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
746
2
データ保護の「常識」を一新! 限りない可能性を秘めた「Commvault」
2017-09-20 11:19:20
1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/29/commvault/Commvault_index.top.jpg
1996年にベル研の開発者たちがスピンアウトして創業したCommvault社。同社の名をそのまま冠する有機的統合データ管理プラットフォーム「Commvault」が注目されている。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る