【特別企画】

最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題

[2015/09/02 10:00] ブックマーク ブックマーク

事業継続

システムの可用性を担保することは、どこの企業にとってもビジネス上の重要な要件となっている。そうした中で、活用されてきたのがHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアだ。オンプレミスで運用する物理サーバーになんらかの障害が発生した場合に、迅速にフェイルオーバーを行う役割を担ってきた。しかし、ビジネスのグローバル化や規模拡大、スピードアップ、機会損失の防止、信頼喪失の防止、コンプライアンス強化、事業継続、コスト削減など、企業がさまざまな課題に直面する中で、システムのサービスレベルに対する要求はますます複雑となり、対応が困難となっている。

一方で、システムの運用を支える基盤そのものも、物理環境から仮想環境、クラウドへと多様化している。それに伴い、HA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、より多彩なクラウドプラットフォームや大規模な仮想環境、そして地域や国境を越えた運用体制に対応するとともに、リアルタイムビジネスの信頼性を担保する基盤としての機能強化が求められている。

そこで、強い味方となるのが、サイオステクノロジーの「LifeKeeper for Linux v9.0」だ。

昨今のビジネス上の課題と対策

ハードウェアの故障等が原因のシステム停止時間は全体の約20%程度! では、その主な原因とは?

では、同ソリューションがいかに手助けとなるのか? その第一歩として、ビジネスのスピードアップのために欠かせない、DevOps(開発部門と運用部門の連携)の実現に向けて、Chef(サーバーの設定管理ツール)をサポートした例がある。

システム障害による予定外のシステム停止時間において、その原因としてまず最初に思いつくのは、ハードウェアの故障やシステムソフトウェアの不具合といったテクノロジー的要因があるが、実際には全体の約20%に過ぎないという。これに対して、アプリケーションの不具合を原因とするものが約40%、オペレーション(運用)上の作業ミスを原因とするものが約40%にも上ることが、これまでのサーベイから明らかとなっている。

今後、システムの無停止稼動のためのテクノロジーが進化するにつれ、テクノロジー的要因のシステム障害は減少していくと予想されるが、それに対し前述のような人的要因によるシステム障害の割合は、さらに増加していくと考えられる。そうした中でサイオステクノロジーが何よりも大きな課題としてとらえたのは、こうしたシステム障害の原因となる人的要因が、LifeKeeperの設定にも内在していたのだ。

これまでLifeKeeperに対して、多くのお客様から「非常に使いやすい」「ARK(Application Recovery Kit)の存在がありがたい」「GUIも便利でわかりやすい」といった評価が寄せられていた。しかし裏を返せば、それには新しいノードを立ち上げる際にLifeKeeperをインストールし、GUIを立ち上げ、手順書を見ながらコンフィギュレーションを行うといった、人の手による作業が必要だ。このリスクを可能な限り排除し、ChefによるLifeKeeper環境の構築を実現に成功したのが、「LifeKeeper for Linux v9.0」だ。

では、その方法とは一体どんなものなのか? また、時代の最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアとして進化を遂げた新機能とは?詳しくは、無償で提供しているホワイトペーパーにてご確認いただきたい。

⇒ホワイトペーパーのダウンロードはこちら

(マイナビニュース広告企画 : 提供 サイオステクノロジー)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
617
2
最先端を行くHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアは、ここまで進化した - 昨今のビジネスにおける、3つの課題
2017-09-07 10:53:05
システムの可用性を担保することは、どこの企業にとってもビジネス上の重要な要件だ。そうした中で活用されてきたのがHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアであり、オンプレミスで運用する物理サーバーになんらかの障害が発生した場合に、迅速にフェイルオーバーを行う役割を担ってきた。しかし、ビジネスのグローバル化を始め、企業がさまざまな課題に直面する中で、システムのサービスレベルに対する要求はより複雑となり、対応が困難となっている...
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-09-02-003-index.top.jpg
システムの可用性を担保することは、どこの企業にとってもビジネス上の重要な要件だ。そうした中で活用されてきたのがHA(高可用性)クラスタリングソフトウェアであり、オンプレミスで運用する物理サーバーになんらかの障害が発生した場合に、迅速にフェイルオーバーを行う役割を担ってきた。しかし、ビジネスのグローバル化を始め、企業がさまざまな課題に直面する中で、システムのサービスレベルに対する要求はより複雑となり、対応が困難となっている...

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
ドローンのポテンシャル、メーカーやキャリア、ユーザー企業はこう見る
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る