【特別企画】

速さだ...バックアップ/リカバリに速さが足りない... - DRに特許技術「MicroScan」さえあれば、あのとき僕らは

[2015/03/05 16:09] ブックマーク ブックマーク

事業継続

データの肥大化が招く大きな問題として、これまで業務時間外に行っていたバックアップ処理が終わらなくなることが挙げられる。1日かけても終わらず、最終的に失敗してやり直しというケースも珍しくない。そこで本稿では、2014年のバックアップ管理ツール市場・アプライアンス分野において、トップシェアを獲得している製品(富士キメラ総研調べ)であるFalconStor CDPの実力に迫りたい。

高速復旧・バックアップの理由
詳しくはPDF資料で

FalconStor CDPは、「継続的データ保護(CDP)」機能を有したバックアップソフトウェアである。その人気の理由はいくつかあるが、何よりバックアップ/リカバリが高速なことがあげられる。FalconStor CDPは、データの更新部分のみをブロックレベルで検知して、最小限の容量でバックアップを取得する仕組みになっているため、処理はごく短時間で完了する。DRにおいても、更新部分をセクタ(512バイト)単位で検出する特許技術「MicroScan」を用いて、ネットワーク回線への負荷を最小限に抑えるため、低帯域な回線でも問題なく大容量データのDRを実現できる。

さらに、仮想化環境のバックアップ/リカバリというシステム管理者の悩みの種も解決できるとのことだ。詳しくは現在配布中のPDF資料に記載しているので、ぜひダウンロードして確認してほしい。また、PDF資料には、導入事例として、"日立ハイテクノロジーズ"が得た大きな効果や"白鴎大学"が導入に至った決め手も記載している。

詳細はホワイトペーパーで配布中 ⇒ ダウンロードはこちら
※ダウンロードには会員ログインが必要です。
※個人情報の取り扱いにつきましては、 個人情報の取り扱いページでご確認ください

(マイナビニュース広告企画)

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
575
2
速さだ...バックアップ/リカバリに速さが足りない... - DRに特許技術「MicroScan」さえあれば、あのとき僕らは
2017-09-07 10:49:20
データの肥大化が招く大きな問題として、これまで業務時間外に行っていたバックアップ処理が終わらなくなることが挙げられる。1日かけても終わらず、最終的に失敗してやり直しというケースも珍しくない。そこで本稿では、2014年のバックアップ管理ツール市場・アプライアンス分野において、トップシェアを獲得している製品(富士キメラ総研調べ)であるFalconStor CDPの実力に迫りたい。
https://news.mynavi.jp/itsearch/2015/09/22/kikaku-2015-03-05-002-index.top.jpg
データの肥大化が招く大きな問題として、これまで業務時間外に行っていたバックアップ処理が終わらなくなることが挙げられる。1日かけても終わらず、最終的に失敗してやり直しというケースも珍しくない。そこで本稿では、2014年のバックアップ管理ツール市場・アプライアンス分野において、トップシェアを獲得している製品(富士キメラ総研調べ)であるFalconStor CDPの実力に迫りたい。

会員登録(無料)

セキュリティ・キャンプ2017 - 精彩を放つ若き人材の『今』に迫る
ぼくらのディープラーニング戦争
クラウドアンケート
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
人事・経理・総務で役立つ! バックオフィス系ソリューション&解説/事例記事まとめ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る